March 28, 2015

Opaque Multimedia での Kinect 4 Unreal プロジェクト

作成 Russell Grain

インターネットをご覧のみなさん、こんにちは。Russel Grain です。私のチームは半年ほど前から、オーストラリアの Opaque Multimedia で Kinect 4 Unreal プラグインを開発中です。Kinect 4 Unreal は、Kinect 2 センサーのすべての機能をアンリアル エンジン 4 が使えるようにするためのプラグインです。つい最近 ウェブサイト上でプラグインのバージョン 1.1 および、それに関連する Epic のマーケットプレイスのコンテンツサンプル のコレクションをリリースしました。

Kinect 2 とは何ですか?

これまで使う機会のなかった方もいらっしゃると思いいますが、Kinect 2 とは、カラーカメラ、赤外線カメラ、TOF カメラを組み合わせて詳しい世界地図を作成するために使うセンサー一式です。拾った音をローカライズするためのマイクロフォンの配列も格納しています。

Kinect 2 は主に、各種センサーから推測する骨格の情報に合わせてプレイヤーを追跡するためのものです。骨格の追跡は Kinect 2 の機能のほんの一部なのですが、Kinect 2 がどのようなことに最もよく使われるのかが想像しやすいと思います。

Kinect 2 の始まり

Kinect 4 Unreal はもともと、いわゆるインプットだけがユーザーの体の動きとなるナチュラル モーション インターフェースが必要とされる数々のプロジェクトの内部ツールとして始まりました。Kinect 2 SDK のあらゆる部分に技術を注入して、Kinect 2 で実現可能なすべての機能をアーティストとレベル デザイナーが期待通りに使えるようにしました。

K4U を初めて手にした時のことを覚えています。アンリアルで Kinect を使っているエンジニアが、休憩時間にポーズを取ったり踊ったりしている