2016-2-6

グローバル ゲームジャム 2016 スコットランド ツアー

作成 Jess Hider

グローバル ゲーム ジャムの週末、自分のルーツであるスコットランドの 3 会場を訪れました。参加者は全部あわせて約 400 名にものぼりました。今年も幅広いトピックがカバーされていました。

Glasgow Game Jam の会場にて Glasgow Game Jam の会場にて

最初に訪れたのは、ジャム参加者に素晴らしい想像スペースを提供する Glasgow Caledonian University です。ここでは、ゆったりとした作業空間と 1 日 2 回の食事が用意されている上に、ローカル インディ ゲームがプレイできるリラックス ゲーム セクション、スチーム バウチャーのミニ コンペ、さらには地元のゲーム会社とチームが交流する機会も設けられていました。

グラスゴーのリラックス エリア We Throw Switches 提供のグラスゴーのリラックス エリア

グラスゴー チームは、グローバル ゲームジャムの Twitch stream でも 1 時間ほど登場しました。技術的に難しかったのですが、こちらこちらこちら でご覧いただけます。

Abertay 会場での開始 Abertay Global Game Jam のキックオフ

グラスゴーでジャム参加者を遅くまで助けた後、少しだけ電車で移動しました。外は雨、みぞれ、雪となり、Dundee から Abertay University に着くころには太陽の日差しが降り注いでいました。夜まで作業を続けたので、すべてのチームとも進捗はかなり順調でした。頭上のスピーカーから流れる参加者が選んだ音楽で、集中しつつも楽しむ雰囲気が高まりました。典型的なロック、リックローリング、ポップのごちゃまぜ音楽でノリノリになって、チームは自然と YMCA 状態になっていきました。

Abertay でのごろ合わせ Abertay でのごろ合わせ

その日の午後遅く、Dundee MakerSpace ジャム会場にちょっとだけ立ち寄ってから、グラスゴーへ戻る電車に飛び乗りました。ゲームジャムにはゲームジャムのジャムが必要ということで、David Farrell 氏が美味しい自家製のパンとジャムでもてなしてくれました。

グラスゴー ゲームジャムのジャム グローバル ゲームジャムのジャム

楽しい時間は早いもので。最終日の夜はあっという間で、すぐに帰る時間となりました。今回のツアーで、質の高い作品とジャム参加者の熱意に心を動かされました。ゲームジャムの好きなところは、ゲームジャム中に作成した概念、入力、アートスタイル、ゲーム メカニクスの多様性が半端ないことです。もちろん今年も例外ではありません!グローバル ゲームジャム 2016 での開発で見た UE4 ゲームの幾つかを以下の動画に編集しました。オーガナイザーの Brian McDonald、Ryan Locke、チーム、ジャム参加者のみなさん、本当にありがとうございました。来年はもっと時間を取りたいです。これからもジャムに参加してください!

最近の投稿

最新技術を先取りチェック:間もなく実現、アンリアルのリアルタイム レイトレーシング

「リアルタイム」と「レイトレーシング」はかつて相反する言葉でした。しかしNVIDIA RTX 技術の登場により、アンリアル エンジンでのリアルタイム ...

西部劇風ビジュアルの大乱闘 FPS、『Sky Noon』の制作背景

ニュージーランドを拠点とするインディー デベロッパー チームであり、Unreal Dev Grant を受賞した Lunar Rooster が、ユニ...

GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けの認証プロセスのアップデート

ユーザー エクスペリエンスとセキュリティの向上のために、GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けプロセスに OAuth 機...