GDC 2017 で紹介されたUE4 アニメーションと物理機能

GDC 2017 で紹介されたUE4 アニメーションと物理機能

|

今年の GDC 2017 セッションでは、アニメーションと物理の中から、ワクワクするような新機能のいくつかをアンリアル エンジン 4 開発チーム メンバーが紹介しました。これらは、アニメーションのプレビューおよび編集用の新規ワークフロー、品質とパフォーマンスが改善された物理シミュレーション作成ツール、デジタル キャラクターの品質を改善する機能などです。我々の目標は、サイズを問わずすべてのチームが最新かつ魅力的な体験を簡単につくれるようにすることです!


このショーケースでは 3Lateral は、アンリアル エンジンに埋め込んだアバターのパラメトリック モデリングへの革新的なアプローチを用いた Gene Splicer が紹介されました。これは、制作とランタイムの両方において、ハイエンド キャラクター リグを一般化するソリューションです。Gene Splicer は、ユーザーが作成し、アニメート化したアバターに対する適切なリグの評価がミリ秒で行われます。このソリューションは人間をスキャンしたデータに基づいています。このデータベースを利用することで、作成した人口全体には同じアニメーションを適用する機能は保持したまま、アナトミーに対して適切な顔のジェスチャをするとてもユニークなキャラクターを生成することができます。この技術は高品質であることはもちろん、ハイエンド シネマティクスおよび VR アプリケーションの両方を見事に最適化します。

登壇者 (敬称略):

James Golding, Lead Framework Programmer, Epic Games
Thomas Sarkanen, Programmer, Epic Games
Benn Gallagher, Programmer, Epic Games
Ori Cohen, Programmer, Epic Games
Martin Wilson, Senior Programmer, Epic Games
Vladimir Mastilovic, CEO, 3Lateral

技術および革新を総括した内容となった今年の 'State of Unreal' プレゼンテーションは こちら でご覧いただけます。

コメント

!

前へ 次へ
  • 編集
  • プレビュー
  • ヘルプ
入力
コメントを残すにはログインしてください。
X このコメントを報告
報告
X ご注意


close
X このコメントを編集
  • 編集
  • プレビュー
  • ヘルプ
更新
X このコメントを削除

本当にこのコメントを削除してよろしいですか?

削除
X ご注意