2017-3-29

GDC 2017:シーケンサーを使った Robo Recall シネマティックス作成デモ

作成 Daniel Kayser

GDC 2017 では、アンリアル エンジンのシネマティックス ツールであるシーケンサーのライブ デモが行われました。エピック ゲームズのシニア テクニカル ライター Wes Bunn が来場者の目の前で、エピックの最新 VR ゲーム 『 Robo Recall 』 のイントロ シネマティックスの分解および編集の実演を行いました。 

上の動画は、シーケンサーを使って、従来のマルチカメラ シネマティクスだけでなく、インゲーム スクリプト化 イベントを作成する様子をお伝えしています。エピックがどのように Robo Recall でイントロ シネマティクスを作成したのか、そしてそれをライブで変更、シーンに表示し、その後でレベル内でプレイするために全部まとめて戻す方法をご覧ください。さらに、これまで追加された新機能もいくつか紹介しています!

登壇者:Wes Bunn, Sr.Technical Writer, Epic Games

技術および革新を総括した内容となった今年の 'State of Unreal' プレゼンテーションは こちら からご覧いただけます。

最近の投稿

最新技術を先取りチェック:間もなく実現、アンリアルのリアルタイム レイトレーシング

「リアルタイム」と「レイトレーシング」はかつて相反する言葉でした。しかしNVIDIA RTX 技術の登場により、アンリアル エンジンでのリアルタイム ...

西部劇風ビジュアルの大乱闘 FPS、『Sky Noon』の制作背景

ニュージーランドを拠点とするインディー デベロッパー チームであり、Unreal Dev Grant を受賞した Lunar Rooster が、ユニ...

GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けの認証プロセスのアップデート

ユーザー エクスペリエンスとセキュリティの向上のために、GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けプロセスに OAuth 機...