3.29.2017

GDC 2017:シーケンサーを使った Robo Recall シネマティックス作成デモ

作成 Daniel Kayser

GDC 2017 では、アンリアル エンジンのシネマティックス ツールであるシーケンサーのライブ デモが行われました。エピック ゲームズのシニア テクニカル ライター Wes Bunn が来場者の目の前で、エピックの最新 VR ゲーム 『 Robo Recall 』 のイントロ シネマティックスの分解および編集の実演を行いました。 

上の動画は、シーケンサーを使って、従来のマルチカメラ シネマティクスだけでなく、インゲーム スクリプト化 イベントを作成する様子をお伝えしています。エピックがどのように Robo Recall でイントロ シネマティクスを作成したのか、そしてそれをライブで変更、シーンに表示し、その後でレベル内でプレイするために全部まとめて戻す方法をご覧ください。さらに、これまで追加された新機能もいくつか紹介しています!

登壇者:Wes Bunn, Sr.Technical Writer, Epic Games

技術および革新を総括した内容となった今年の 'State of Unreal' プレゼンテーションは こちら からご覧いただけます。

最近の投稿

UNREAL FEST EAST 2018 参加登録開始!公式サイトを公開しました

10月14日(日)に横浜にて開催される『 UNREAL FEST EAST 2018 』の参加登録を開始しました。

Daedalic の『State of Mind』のストーリーとゲームプレイに対するユニークなアプローチ

State of Mind は、アンリアル エンジン 4 を活用して、トランスヒューマニズムというテーマを扱っています。ストーリーを基調とするこのエク...

『 Unreal Japan Stream 2018.7.5 』配信決定!

まもなく正式版のリリースがされる UE4.20 の新機能をご紹介!