2017-3-17

GDC 2017 で紹介されたインタラクティブ 2D 流体シミュレーション

作成 Daniel Kayser

物理リアリズムの新たなレベル、あるいは単に素晴らしいエフェクトを背景に追加するために、インタラクティブ 2D 流体シミュレーションを作成する方法を紹介します。

 

GDC 2017 のデモでは、エピック ゲームズの Sr. Technical Writer である Sam Dieterが、 UE4 のパワフルなブループリント ビジュアル スクリプティング システムと一緒にレンダー ターゲットを使って、リアルなさざ波の伝播を示す 2D 流体シミュレーションを作りました。 このプレゼンテーションでは、必要なマテリアルの正しい設定方法、レンダー ターゲットの実装方法、ブループリントでエフェクト全体を操作してゲーム エレメントに反応する見事な流体シミュレーションを作成する方法を説明しています。

登壇者:

Sam Dieter, Sr. Technical Writer, Epic Games

技術および革新を総括した内容となった今年の 'State of Unreal' プレゼンテーションは こちら からご覧いただけます。

最近の投稿

GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けの認証プロセスのアップデート

ユーザー エクスペリエンスとセキュリティの向上のために、GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けプロセスに OAuth 機...

NVIDIA, Intel Sponsor the Unreal E3 Awards 2018

E3 2018 でエピック ゲームズは、NVIDIA と Intel とパートナーシップを組んで Unreal E3 Awards 2018 を開催し...

『 Unreal Japan Stream 2018.5.17 』開催決定!

今回は、3 月にエピックゲームズが無料で提供したパラゴンアセットをご紹介!またその活用法についてお話します。