3.17.2017

GDC 2017 で紹介されたインタラクティブ 2D 流体シミュレーション

作成 Daniel Kayser

物理リアリズムの新たなレベル、あるいは単に素晴らしいエフェクトを背景に追加するために、インタラクティブ 2D 流体シミュレーションを作成する方法を紹介します。

 

GDC 2017 のデモでは、エピック ゲームズの Sr. Technical Writer である Sam Dieterが、 UE4 のパワフルなブループリント ビジュアル スクリプティング システムと一緒にレンダー ターゲットを使って、リアルなさざ波の伝播を示す 2D 流体シミュレーションを作りました。 このプレゼンテーションでは、必要なマテリアルの正しい設定方法、レンダー ターゲットの実装方法、ブループリントでエフェクト全体を操作してゲーム エレメントに反応する見事な流体シミュレーションを作成する方法を説明しています。

登壇者:

Sam Dieter, Sr. Technical Writer, Epic Games

技術および革新を総括した内容となった今年の 'State of Unreal' プレゼンテーションは こちら からご覧いただけます。

最近の投稿

UNREAL FEST EAST 2018 参加登録開始!公式サイトを公開しました

10月14日(日)に横浜にて開催される『 UNREAL FEST EAST 2018 』の参加登録を開始しました。

FOX Sports の 2018 FIFA ワールドカップ放送で Drive Studio はアンリアルを活用

Drive Studio は FOX Sports の 2018 FIFA ワールドカップ放送でアンリアル エンジンを活用し、環境、インタースティシャ...

Daedalic の『State of Mind』のストーリーとゲームプレイに対するユニークなアプローチ

State of Mind は、アンリアル エンジン 4 を活用して、トランスヒューマニズムというテーマを扱っています。ストーリーを基調とするこのエク...