2017-3-15

GDC 2017 で紹介された UE4 コンテンツ主導型マルチパス レンダリング機能

作成 Daniel Kayser

ブループリントによるレンダー ターゲットへのスクリプト描画機能により、これまでグラフィック プログラマーにしかできなかった高度なレンダリング テクニックの作成およびプロトタイプがコンテンツ クリエイターでもできるようになりました。これにより、カスタム仕様の流体シミュレーション、サーフェイス変形、コースティック レンダリングなど多くの可能性の扉が開かれました。


GDC 2017 では、これらのテクニックのいくつかのプロトタイピング ワークフローの概要を説明して、アクセスの良さとシステムの柔軟さを実証しました。使用したサンプルは、ボリューム レンダリング、キャラクターヒット マスク ビジュアライゼーション、コースティック テクスチャ レンダリング、基本 2D 流体シミュレーションです。

登壇者:

Ryan Brucks, Principal Technical Artist, Epic Games

技術および革新を総括した内容となった今年の 'State of Unreal' プレゼンテーションは こちら からご覧いただけます。

最近の投稿

最新技術を先取りチェック:間もなく実現、アンリアルのリアルタイム レイトレーシング

「リアルタイム」と「レイトレーシング」はかつて相反する言葉でした。しかしNVIDIA RTX 技術の登場により、アンリアル エンジンでのリアルタイム ...

西部劇風ビジュアルの大乱闘 FPS、『Sky Noon』の制作背景

ニュージーランドを拠点とするインディー デベロッパー チームであり、Unreal Dev Grant を受賞した Lunar Rooster が、ユニ...

GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けの認証プロセスのアップデート

ユーザー エクスペリエンスとセキュリティの向上のために、GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けプロセスに OAuth 機...