3.15.2017

GDC 2017 で紹介された UE4 コンテンツ主導型マルチパス レンダリング機能

作成 Daniel Kayser

ブループリントによるレンダー ターゲットへのスクリプト描画機能により、これまでグラフィック プログラマーにしかできなかった高度なレンダリング テクニックの作成およびプロトタイプがコンテンツ クリエイターでもできるようになりました。これにより、カスタム仕様の流体シミュレーション、サーフェイス変形、コースティック レンダリングなど多くの可能性の扉が開かれました。


GDC 2017 では、これらのテクニックのいくつかのプロトタイピング ワークフローの概要を説明して、アクセスの良さとシステムの柔軟さを実証しました。使用したサンプルは、ボリューム レンダリング、キャラクターヒット マスク ビジュアライゼーション、コースティック テクスチャ レンダリング、基本 2D 流体シミュレーションです。

登壇者:

Ryan Brucks, Principal Technical Artist, Epic Games

技術および革新を総括した内容となった今年の 'State of Unreal' プレゼンテーションは こちら からご覧いただけます。

最近の投稿

UNREAL FEST EAST 2018 参加登録開始!公式サイトを公開しました

10月14日(日)に横浜にて開催される『 UNREAL FEST EAST 2018 』の参加登録を開始しました。

Daedalic の『State of Mind』のストーリーとゲームプレイに対するユニークなアプローチ

State of Mind は、アンリアル エンジン 4 を活用して、トランスヒューマニズムというテーマを扱っています。ストーリーを基調とするこのエク...

『 Unreal Japan Stream 2018.7.5 』配信決定!

まもなく正式版のリリースがされる UE4.20 の新機能をご紹介!