2018 年に注目すべき AI の新たな 4 つのトレンド
2018-4-30

2018 年に注目すべき AI の新たな 4 つのトレンド

作成 Ken Pimentel

人工知能 (AI) の機能はここ数十年で飛躍的な成長を遂げてきました。これは、適応アルゴリズムによって改善された新たな道を切り開こうとする最近の技術革新の勢いによるものです。AI の分野でかつて実現困難と思われた多くのものが現実になり、新たに登場する事例に驚かされ続けています。

AI の開発は、技術が活用される世界自体と同じように変化しますが、最近の技術革新は、この急成長分野で近い将来に起こる非常に大きな可能性を示しています。AI が持つ可能性に関心はおありですか? 以下が 2018 年に注目すべき AI 関連の 4 つのトレンドです。

1.自律走行車が市場に出回る

開発中の技術革新で頻繁に話題に上るものとして、自動運転車や自律走行車があり、今でも大きなニュースになっています。完全に自律的に走行する車が販売されるまでにはあと数年かかるかもしれませんが、大手自動車メーカーと技術系企業は実現に向けて一生懸命取り組んでいます。

リアルタイム技術ではシミュレーションを使用して、妥当性確認、トレーニング、テストのプロセスを高速化し、自動運転車の業界に大きな恩恵をもたらしてきました。アンリアル エンジンは、Ford のような巨大自動車メーカーをはじめ、Zoox51VR といった新興技術系企業にいたるまで、自動車業界や技術業界の主要企業で自律走行車で用いられる仮想シミュレーションや AI トレーニングを行うために頻繁に使われています。アンリアル エンジンを使って制作されたワールドで仮想の車をトレーニングする方がはるかに安価で、しかも安全です。

article-body-img_51VR.jpg
51VR は、アンリアル エンジンを採用して未来の自律走行車の AI のトレーニングを行うためにフォトリアルな仮想世界を作成した数ある革新的企業の一社です。
 

2.エンタープライズが AI を採用

AI は幅広いアプリケーションや技術で使用することができます。AI が進化し、素晴らしい機能を持つようになるにつれて、ますます多くのエンタープライズ分野の企業で使われるようになってきており、今後も成長が続くことでしょう。

自動化は既に大規模ビジネスで有用性が実証されていますが、 AI を様々な方法で業務で使うものに組み込んで試すことも一般的になってきています。例えば、Facebook では AI とマシン ラーニングを使ってチャットボットがより人間らしくなるように教育しています。マシン ラーニングと AI を活用したプロセスは、大幅な時間短縮にもつながり、データと分析集約型のビジネスにおいて魅力的な資産になっています。

建築ビジュアライゼーション、プロダクト デザイン、航空、製造などの多様な業界のエンタープライズのクライアントがアンリアル エンジンと Unreal Studio を採用しているのと同じように、今後は AI もこうした業界で欠かせない重要なものになると期待しています。

article-body-img_Unreal1.jpg
建築設計のビジュアライゼーションをはじめ、仮想の AI トレーニングやシミュレーションまで、アンリアル エンジンを採用するエンタープライズのクライアントが増え続けています。

3.ロボティクスの進歩

基本的レベルでは、ロボットは長年存在してきましたが、AI の進歩によってかつてないほど適応しやすく、インタラクションしやすくなっています。毎年、素晴らしい新たなロボットのプロトタイプが登場しています。開発中の最新のロボットは現代社会で欠かせないものとしてロボティクスの将来の大きな可能性を示しています。

DARPA と Boston Dynamics では、宙返りしたり、でこぼこした地形を移動したり、バランスを失って倒れても立ち上がることができる将来の防衛と軍事アプリケーションにおいて有望なロボットを開発しました。Amazon では、一部の倉庫で既に小さな作業用ロボットを使って、荷物を仕訳し、配送手順を決めて、保管しています。他の企業では、ロボティクスを身近なものにするために障壁を取り除くことに取り組んでいます。例えば、NVIDIA ではアンリアル エンジンで Isaac ロボット プラットフォーム を構築し、デベロッパーは忠実度の高いシミュレーション環境を使用して仮想ロボットをテストし、それを実際の物理的ロボットに反映させることができます。

近い将来、ロボットが魅力的な形でさらに日常生活に入り込んでくるでしょう。

article-body-img_nvidia.jpg
NVIDIA の Isaac ロボット プラットフォームはアンリアル エンジンで開発され、エンジニアはこれを使って安全な仮想環境で自分たちが作ったものをテストし、実験してから現実世界のテストに進むことができます。

4.コンテンツ クリエイターが AI に目を向ける

ユニークなコンテンツを作成する行為は人間的なものですが、AI はアートに近い表現や多様な形式のコンテンツを作成することに向いていることが実証されています。アーティスティック指向のロボットは、コンピューティングの世界では意外にも一般的です。複雑な AI アルゴリズムでデザインされたモデルを持つことで、意思決定し、様々なスタイルのペイントや描画で表現します。

アートの世界を超えて、コンテンツ制作は他の分野でも AI から素晴らしい恩恵を受けています。コンテンツ制作で AI を興味深い方法で使っている分野として、マーケティングとソーシャル メディアがあります。一部のブランドや企業はマシン ラーニングのパワーを活用して、カスタムの動画、広告文、画像、ソーシャル メディアへの投稿などの作成をすべて AI によって行っています。AI で制作されたコンテンツは、人間が作り出す微妙な風合いを完全に置き換えるものにはなりませんが、将来の可能性が少しずつ見えてくるのは興味深いことです。

article-body-img_art.jpg
アンリアル エンジンは多くのクリエイティブな業界、技術分野、デザイン関連の業界全般で AI をトレーニングし、幅広いクライアント向けにロボットに力を与えるために使われています。
 
アンリアル エンジンと Unreal Studio を無料で使用し、何故 AI を扱うデベロッパーの人気を集めているかを是非お確かめください。

最近の投稿

Animech が開発したカスタマイズ可能な VR 体験を Volkswagen が新車販売に活用

自動車ブランドは VR とリアルタイム技術をどのように活用しているのでしょうか?Volkswagen は実物が届く前に顧客に展示することができる素晴ら...

最新技術を先取りチェック:間もなく実現、アンリアルのリアルタイム レイトレーシング

「リアルタイム」と「レイトレーシング」はかつて相反する言葉でした。しかしNVIDIA RTX 技術の登場により、アンリアル エンジンでのリアルタイム ...

西部劇風ビジュアルの大乱闘 FPS、『Sky Noon』の制作背景

ニュージーランドを拠点とするインディー デベロッパー チームであり、Unreal Dev Grant を受賞した Lunar Rooster が、ユニ...