10.25.2018

洪水と炎:The Weather Channel が Unreal Engine を使用して防災に役立つ情報を提供

作成 Andy Blondin

The Weather Channel (TWC) がイマーシブな複合現実 (MR) コンテンツを導入したことは以前お伝えしました。TWC は、その後も引き続き高潮や森林火災についてのコンテンツを作成し、新しい分野の開拓を進めています。気象と自然現象の習性に関するデータを Unreal Engine に取り込むことで、TWC は、危険な気象現象について、かつてないほど真に迫ったビジュアルを視聴者に届けています。

MR を使ったコーナーでは、プレゼンターが厳しい気象の中に立ち、目の前で起きている環境の変化について説明します。そうすることで、実際にそこにいたらどうなるか、本能に訴える形で伝えることができます。

TWC のデザイン担当バイス プレジデント、Michael Potts 氏は次のように述べています。「イマーシブな MR では、気象に関するあらゆるストーリーを扱うことができ、カメラの前で気象予報士がその環境に入ることができます」

また、Potts 氏は、そのために Unreal Engine が重要な役割を果たしていることを指摘しています。「Unreal Engine のおかげで、非常にリアルなエクスペリエンスを作成できます。

率直に言って、Unreal Engine は TWC での気象の伝え方を変えるでしょう」

気象の見せ方の変革

高潮と森林火災についてのイマーシブなコンテンツは、今年の 6 月に始まった MR エクスペリエンス シリーズの最新作です。6 月には、トルネードが TWC の本社に迫る様子を視聴者に届けました。気象予報士の Jim Cantore 氏が強まるトルネードの脅威について説明していると、電柱がその足元に倒れてパチパチと音を立てたり、ボロボロになった車が飛んできたりしました。このようなビジュアル面でのイベントのあとには、文字情報をグラフィックとして表示し、トルネードの影響について重要な点を強調しました。

TWC の気象プレゼンテーション担当ディレクター、Mike Chesterfield 氏は次のように述べています。「まず、記憶に残るような思い切ったものをやりたいと思いました。気象のプレゼンテーションを変えていく、と宣言したかったのです」ただちに反響が見られました。TWC の Twitter フィードには視聴者からの反応が届き、YouTube では視聴回数が数日の内に数千回に到達しました。

多くの情報を提供すればするほど、迫り来る脅威に対して視聴者が適切な準備をして適切に対応できるようになる、という考えに基づいて、TWC はこれらのコンテンツを作成しています。Chesterfield 氏は次のように述べています。「このテクノロジーを使い、このような形でストーリーを伝えることの目標の 1 つは、人々に安全をもたらすことです。このように情報を提供すれば、人々がただちにその状況に身を置いて考えることができます」

次に、TWC のチームは、高潮とそれに伴う洪水の影響を示すことにしました。高潮の際の水と風の習性に関するデータを利用し、物理計算を取り入れることで、シーン内の水、樹木、その他のオブジェクトをアニメーションさせました。Potts 氏は次のように述べています。「実際に計算式を使ってグラフィックに関する指示を行うことができます。これは Unreal Engine によって可能になりました」

その次のプロジェクトは、森林火災を扱った見事なものでした。火災が広がるスピードと、それに伴う惨害を伝えます。気象予報士の Stephanie Abrams 氏が、森林火災がどのように始まり、どのように広がるのかを説明している最中に、その周囲で炎が燃え広がり、動物たちが逃げていきます。その様子をリアルタイムで見せることで、2 次元の地図では不可能な形で危険を示すことができました。

これらのコーナーは、放送の数時間前に収録されました。グリーン スクリーンのある巨大な部屋に気象予報士が立ち、物理的なカメラの位置と向きを、CG の背景およびポップアップするテキスト要素の画角と Unreal Engine で同期させました。このワークフローではポスト プロダクションは不要で、各テイクが完成した映像となります。

気象予報の未来

Unreal Engine を使用したイマーシブな MR の成功を受けて、TWC では将来について検討しています。将来は、リアルな予測データが気象予報を推進していくようになると考えられます。

TWC のクリエイティブ ディレクター、Nick Weinmiller 氏は次のように述べています。「私はこのテクノロジーが大好きです。すべてをとてもリアルに見ることができて、人々にこのような形で情報を伝えることができるのはすばらしいことです」

Chesterfield 氏は次のように述べています。「私たちがいるのは始まりの地点です。このテクノロジーを使うことで、TWC における気象のプレゼンテーションは根本的に変革されていくでしょう。2020 年までに、放送の 80% でこのテクノロジーを使用することを目標にしています」

MR エクスペリエンスを作成して、視聴者に情報を伝え、インスピレーションを与えたいとお考えですか?Unreal Studio のベータ版を今すぐダウンロードしてください。Unreal Engine とインポート ツールに加えて、ほかにも多くの機能を提供します。

最近の投稿

日本ゲーム大賞 アマチュア部門 大賞作品 HAL大阪学生インタビュー

毎年開催される、日本ゲーム大賞のアマチュア部門にて2018年も多くの学生が参加しました。そこで大賞に選ばれた作品はHAL大阪のゲームタイトル『G

...

リアルタイムデザインツールの作成: McLaren による Unreal Studio での CAD インポートの自動化

自動車業界で長年イノベーションの最先端を行く McLaren Design は、巨大な CAD 部品インベントリを Unreal Engine にイン...

Epic Games、総額 80 万ドル以上の Unreal Dev Grants の受賞者を発表

ゲーム、映画、VR、エンタープライズ、医療の分野にわたる数十人の開発者が、用途に制限のない資金を獲得しました。

Make Something Unreal

with the most powerful creation engine

Get Started Now

Keep up to date

Privacy Policy