制作のコストを下げ、締め切りを守りつつ、フォトリアルなリアルタイムインタラクティブコンテンツと驚くほど素晴らしい没入的体験でクライアントを魅了したいと思いませんか?Unreal Studio 4.21 で、あなたの仕事はもっと楽になります。無料ベータからのこの最新版は、ワークフローを効率化し、プレゼンテーションに力を与える新機能にあふれています。ハイライトを紹介します。

Revit 向け Datasmith

これまでの 3ds Max、SketchUp Pro、CAD フォーマットでのスムーズなデータインポートワークフローに加えて、Datasmithを拡張し、Autodesk Revit 向けのエクスポーターを追加しました.エクスポーターが出力するファイルは、Unreal Engine で直接読み込むことが可能です。これで一番人気のある BIM ツールを、一番人気のあるリアルタイムビジュアライゼーションソリューションに接続することができます。しかも中間ソリューションを使う時間を省略できます。 

3ds Max マテリアル変換の強化
blog_body_img1.jpg
Unreal Studio 4.21 では V-Ray マテリアル(特に金属とガラス)からの BRDF のマッチングが改善しています。さらに、3ds Max でよく使用されるマップへのサポートを追加したので、ビジュアル忠実性が向上し、再作業の必要が減りました.追加して、3ds Max マテリアルグラフを Unreal グラフにエクスポート時に変換する機能も追加しました。マテリアルがよりわかりやすく、作業がしやすいものになります。

Jacketing と Defeaturing
blog_body_img2.jpg
複雑な CAD モデルをリアルタイムでパフォーマンスがでるように最適化して準備する、ということは時間と手間のかかる作業です.Unreal Studio 4.21 では、自動的に見えない部分の要素を隠したり削除したりする Jacketing や、スルー