2015-3-5

エピックは多くのニュースがあるGDCをキックオフしました

作成 Dana Cowley

この水曜日だけでも、世界中のゲーム開発者にとってGDC2015は驚異的にエキサイティングものになりました。今朝、エピック・ゲームズは、ゲームやVR、アニメーション、ビジュアライゼーションの可能性を再定義できるような一連のハイエンド プロジェクトを公表し、将来のビジョンを公開しました。Tim Sweeney が今朝、「State of Unreal」というプレゼンテーションで公開したすべての概要がここにあります。

エンジンを無料にしました

Unreal Engine 4 は、誰でが無料で使えるようになり、将来の更新も無料です。誰もがすぐにエンジンをダウンロードでき、ゲーム開発や教育、建築、VRへのビジュアライゼーション、映画やアニメーションなどあらゆるものに使うことができます。開発者は、ゲームやアプリケーションを出荷する時、商品ごとに四半期で、最初に3000ドルの全粗利益があった後に、5%のロイヤリティを払います。これはみなさんが成功を収めた時に、私達も成功できるシンプルな取り決めです。

こちらはゲームを構築する時のエピックが使う完璧な技術です。それは、インディーのプロジェクトからハイエンドの超大作までスケールしていて (すべての主要なプラットフォームをサポートしています) 、100%のC++ソースコードが含まれています。エピックのゴールは、開発者やクリエーターに完全にすべてのものを提供することです。ですので、スケジュールと使命の両方のコントロールを保って、何でもすることができます。開発者がゲームの構築や出荷に必要とするものは、どんなものでもUE4とマーケットプレイスで見つけられます。

Unrealは、 ここ で入手できます。

WETA DIGITAL 社との共同作業を含む壮大なVR体験

「The Lord of the Rings」(指輪物語)の世界では、VRビュワーはホビットのシーフ役を演じ、秘蔵品を諦めるつもりはない巨大なドラゴンのスマウグの宝物庫で罠にかけられます。

「Thief in the Shadows」は、Unreal Engine ブース (South #1024)で、TITAN X GPUの力を利用し、Oculus’ Crescent Bay プロトタイプハードウエア上で、滑らかな毎秒90フレームで空想的な体験ができるように走らせてあります。「巨大なドラゴンとフェイス・トゥ・フェイスで対面した時、信じられないような体験は、理屈抜きに、感動的なものになるでしょう。」と、Weta Digital社のR&D責任者の Alasdair Coull 氏は語っています。

Tim Sweeney: 「Thief in the Shadows は、NVIDIA社のサポートとすばらしいハードウエアなしでは存在し得ません。Unreal Engine 4 と Oculus社の Crescent Bay と共に、これらの3種類の技術が、体験者を比べようのない仮想世界のディティールとアクションの中に引き込みます。」

「Oculusは、世界中のゲーマーに驚異的で没入的な仮想現実を届けるために、エピック社とNVIDIA社と密接に仕事を続けます。」と、Oculus社のCEOである Brendan Iribe氏は語っています。 「NVIDIA社の Titan X と エピック社の Unreal Engine 4 の進化は、最新の Oculus Rift ハードウエアと、非同期タイムワープやレイトラッチングなどの革新的な Oculus SDK の機能と結合して、開発者がVRの新しいレベルのパフォーマンスや快適さ、存在感を手にできるようにします。」

また、Unreal Engine ブース (South #1024)内で初演されるものとして、2014年9月の Oculus Connect 期間中にデビューした、CCP社の EVE: Valkyrie の真新しいゲームプレイ体験、エピックの「Showdown」のデモがあります。

少年とカイト: リッチなオープンワールド

エピックは開発チームを組み、彼らに問いました「今日、あなたに Unreal Engine がある意味は何ですか?」 100平方マイルの地形から成るリアルタイムなカイト・デモが彼らの答えでした。

「カイト・デモのすべては、 Unreal Engine 4 で毎秒30フレームで、リアルタイムに動いています。」と、エピック・ゲームズのCTOである Kim Libreri は語りました。「新しいオープンワールドの機能に加えて、完全に動的な直接照明と間接照明や映画のような品質の被写界深度、モーションブラー、PBRによってフォトリアルにモデリングされたアセットとプロシージャルアセット配置を見ることができます。」

将来のUnreal Tournament

数年に渡って Unreal Tournament のコミュニティとエピックのチームは、ライブやオープンで協力してきました。GDCでは、彼らの努力が面白くて美しいビジュアルショーケースである Outpost 23 のマップを含む最新版に集結しています。

最新版には、改良されたランチャーや新規にカスタマイズされた Unreal Editor for UT と、新規の Unreal Tournament マーケットプレイスが含まれています。

新しいものに興味のあるGDC参加者は、ブースでコミュニティの開発者やエピックのチームと話をすることもできます。

そして、いつものように、今すぐ無料で UnrealTournament.com から、すべてをダウンロードすることができます。

UE4開発者へNVIDIA社がPhysXのコードを開示

NVIDIA社とエピックは、継続的なパートナーシップが拡大されたことを発表しました。NVIDIA社がUE4開発者に、エピックの Github上の Unreal Engine リポジトリから、布や破壊ライブラリを含む PhysX 3.3.3 のCPUベース実装のC++ソースコードへのアクセスを提供するものです。これで、すべてのUE4コミュニティは、UE4のC++ソースコードと一緒に、PhysXのコードを見たり、修正したりできるようになりました。修正は NVIDIA社と共有され、提出されたものはレビューされ、メインの PhysX ブランチの中にマージされます。そして、UE4の将来のバージョンの中に入ってきます。

すべての詳細はここにあります: https://www.unrealengine.com/blog/nvidia-opens-physx-code-to-ue4-developers

TWITCH と YOUTUBE は必見

私達の大きなセッション に、エピックが何を刺激的だと思うかというよりも深いディスカッションがあります。私達は、みなさんがGDCに来ているなら、West #2024 で直接お会いしたいと思っています。また、twitch.tv/unrealengine では、エピックが何をしているかを見ることができます。そして、もちろんショーにいるなら、#1024に立ち寄ってください。

最近の投稿

最新技術を先取りチェック:間もなく実現、アンリアルのリアルタイム レイトレーシング

「リアルタイム」と「レイトレーシング」はかつて相反する言葉でした。しかしNVIDIA RTX 技術の登場により、アンリアル エンジンでのリアルタイム ...

西部劇風ビジュアルの大乱闘 FPS、『Sky Noon』の制作背景

ニュージーランドを拠点とするインディー デベロッパー チームであり、Unreal Dev Grant を受賞した Lunar Rooster が、ユニ...

GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けの認証プロセスのアップデート

ユーザー エクスペリエンスとセキュリティの向上のために、GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けプロセスに OAuth 機...