April 12, 2016

エピック ゲームズがベルリンに新オフィスをオープン

作成 Daniel Kayser

エピック ゲームズは本日、ドイツベースのパブリッシング オフィスをベルリンにオープンしたことを発表しました。新オフィスのオープンにより、ヨーロッパおよびロシア地域のプレイヤーに、この上なく素晴らしい本物のゲーム体験の提供に重点を置きながら、エピック ゲームズはさらにグローバルな進出を拡大していきます。

「プレイヤーをサポートする最善策は、その地域にオフィスを構えることです」と、ゲームズの President の Paul Meegan は語ります。「ヨーロッパおよびロシアのコミュニティは弊社にとって非常に重要です。ベルリン オフィスの創設は、エピックのゲームを使って楽しい一日を過ごしてもらう第一歩です。」

新オフィスは Director of Publishing for Western Europe の Paw Larsen と Director of Publishing for Eastern Europe の Sergey Galyonkin が指揮をとります。両者とも Riot Games and Wargaming.net で長年培ってきた業界経験とこだわりを活かして、この地域に Paragon を初めとする優れたゲームをプレイヤーに提供することを心待ちにしています。

エピックでは現在、マーケティング・コミュニケーション、コミュニティ、プレイヤー サポートを担当する優秀な人材を募集中です。採用の詳細は、 http://www.epicgames.com/https://epicgames.avature.net/careers/ でご確認ください。