2015-3-26

今月最後のUnreal Dev Grant 受賞者を発表

作成 Dana Cowley

今月最後となるUnreal Dev Grant の受賞者をお知らせいたします。

プロジェクトが発足してから早くも5週間が経ちましたが、その間に9チームがデブグランツ(支援基金)を受賞し、合計金額139,000ドルがこれまでに支援されています。

404Sight Retro Yeti Games – 助成金13,000ドル

Retro Yeti Gamesはユタ大学の学生で構成されるチームで、404Sight を製作しました。若干 Mirror's Edge を彷彿とさせるこのゲームはエンドレスランナーゲームで、ロボットユニコーンのジャンプアクションゲームとワイプアウトの要素が混合したゲームです。このゲームは、「Net Neutrality(ネットワーク中立性)」を支持するステートメントとしても作成されました - 詳細はこちら。404Sight は Steam Greenlight(スチーム・グリーンライト) に登録してからたった6日間でリリースが決定しました。このゲームに関する詳細は、 http://404sight.com/をご覧ください。

ADR1FT Three One Zero – 助成金15,000ドル

もともとは別のツールセットでプロトタイプ化したADR1FT は、直近ではGDC2015 にて、UE4を利用したPCとコンソールゲーム両方で最終選考に勝ち進んでいます。このゲームのバーチャルリアリティは驚くほどの美しさがあります。ゲームの詳細は、 http://adr1ft.com/ でご覧ください。

Storm United PixelBeam – 助成金10,000ドル

昨年エピックがアンリアル・エンジン4のサブスクリプションモデルを発表&開始した時点で、PixelBeam社は別のゲームエンジンで開発中だった Storm United のリリースまであと一か月の段階でした。PixelBeamが投稿による製品の提供を決断したことにより、ソーシャルインタラクション機能搭載の大規模なマルチプレイFPSゲームが間もなくSteam Greenlight に登場します。アルファ CTF ゲームプレイ映像を以下のリンクでチェックできます。PixelBeam のサイトは http://pixelbeam.org/でアクセスできます。

GDCで発表した初回受賞者の模様は、 こちら でご覧ください。先週発表したデブグランツ第2回目の受賞者 は こちらからご覧ください。

数々の素晴らしいプロジェクトを、UE4 で開発していただき誠にありがとうございます!今後もみなさんからの デブグランツへの参加 をお待ちしております。

最近の投稿

最新技術を先取りチェック:間もなく実現、アンリアルのリアルタイム レイトレーシング

「リアルタイム」と「レイトレーシング」はかつて相反する言葉でした。しかしNVIDIA RTX 技術の登場により、アンリアル エンジンでのリアルタイム ...

西部劇風ビジュアルの大乱闘 FPS、『Sky Noon』の制作背景

ニュージーランドを拠点とするインディー デベロッパー チームであり、Unreal Dev Grant を受賞した Lunar Rooster が、ユニ...

GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けの認証プロセスのアップデート

ユーザー エクスペリエンスとセキュリティの向上のために、GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けプロセスに OAuth 機...