GDC 2023 : Epic の重大発表をご覧ください

2023年3月22日
GDC 2023 に再び参加できることをうれしく思います!Game Development Community が生み出す素晴らしい作品を見ることは、非常に刺激的であると同時に謙虚な気持ちになる体験です。今年は何が待ち受けているのか楽しみでなりません。

State of Unreal を見逃した方のために説明すると、すべてのクリエイターと開発者がメタバースでメリットを享受できるようにするための、オープンで相互的なエコシステムとエコノミーの基盤をどのように構築しているかなど、コンテンツの作成、配信、収益化の未来に関する Epic の長期的なビジョンを明らかにしました。
 


Unreal Editor for Fortnite がパブリックベータ版で利用可能に

2018年以降、フォートナイト クリエイティブ ツールセットが利用可能になったことで、フォートナイト に独自の島を作成できるようになりました。現在、これらの島は 100 万以上あり、フォートナイト でのプレイヤーのプレイ時間の 40% 以上がこれらの島で費やされています。

クリエイターと開発者が、5 億以上のプレイヤーアカウントからなるフォートナイトの膨大なオーディエンスにリーチするための、より強力なツールとクリエイティブの柔軟性を持っていたらどうでしょうか。これは、本日 State of Unreal においてパブリックベータ版でリリースされた Unreal Editor for Fortnite (UEFN) で可能になります。

 
UEFN は、体験を作成してフォートナイトに直接公開できる Unreal Editor のバージョンです。Unreal Engine 5 から提供されている数々の強力なツールが利用できるため、かつてないほど豊富な機能を使用してフォートナイトのゲームや体験を制作し、何百万人ものプレイヤーに公開して楽しんでもらいましょう。

さらに、UEFN では新しいプログラミング言語である Verse を初めて実装しています。Verse は、UEFN クリエイターが既存のフォートナイト クリエイティブ ツールと一緒にスクリプトを実行できるようにするための言語です。仕掛けの操作や連結などの強力なカスタマイズ機能を備えているほか、新しいゲーム ロジックの実装を簡単に行えます。Verse はメタバース向けのプログラミング言語としても設計されています。将来、数百万人のクリエイターが数十億人のプレイヤーを対象としてビルドするようになることを想定しており、広大なオープン ワールドに対応できる拡張性を備えています。 Verse は本日フォートナイトでリリースされます。数年後には、全 Unreal Engine ユーザーに対しても提供される予定です。

State of Unreal では、今日 UEFN でできることの限界をテストする全く新しい GDC デモを公開しました。UEFN デモでは、Niagara、Verse、シーケンサー、コントロールリグ、カスタム アセット、既存のクリエイティブの仕掛け、カスタム オーディオなど、UEFN のさまざまな主要機能を紹介します。

デモは 3 つの主要部分で構成されています。Verse を使用して既存のフォートナイト クリエイティブの仕掛けを拡張する方法に焦点を当てたオープニング セクション、エディタの詳細、そして、締めくくりはエキサイティングなボス戦です。

デモはフォートナイト サーバーでライブで実行され、PC 上で再生されました。

クリエイター エコノミー 2.0

UEFN とともに、クリエイター エコノミー 2.0 とエンゲージメント 配当も開始されます。これは、資格のある フォートナイト の島クリエイターが、公開されたコンテンツへのエンゲージメントに基づいて報酬を受け取れる新しい仕組みです。 

エンゲージメント 配当では、フォートナイト のアイテム ショップからの純収益と フォートナイト でのほとんどのリアルマネーでの購入額の 40% が、資格を満たす島や体験を作成したクリエイター (個人クリエイターが作成した島と、バトルロイヤルなど Epic が独自に作成した島の両方) に対し按分して分配されます。 

UEFN や Verse、クリエイター エコノミー 2.0 に関する詳細はブログ記事をご覧ください。

Fab — 統合された 3D マーケットプレイスを構築中


Fab の最新情報 (2023年9月20日時点):Fab のリリースを2024年に延期いたします。リリース初日から優れた体験をお届けするために、今しばらくお待ちください。作業の移行方法や Fab アカウントの作成方法の詳細については、来年お知らせいたします。

昔は、すべてのゲーム開発者が製品のすべてのコンテンツをゼロから作っていました。しかし近年では、Unreal Engine マーケットプレイスや Unity アセット ストアといったようなコンテンツ マーケットプレイスが登場し、ゲーム開発者にとっては、個人のコンテンツ クリエイターからライセンスを取得してゲームで使用可能な巨大なコンテンツ ライブラリを活用できる機会が増えました。

こうした状況の変化により、小規模なチームはより迅速にかつ低予算でゲームを制作できるようになりました。同時に、マーケットプレイスを通じて作品を配布する個人コンテンツ クリエイターに資金を提供して彼らの成長をサポートすることもできるようになりました。 

フォートナイトRobloxMinecraft、その他の 3D ワールドのエクスペリエンスのクリエイターがこれらのマーケットプレイスにメタバース コンテンツの提供元として注目するようになり、プレイヤーがオンライン上で独自の 3D スペースを構築およびカスタマイズすることが増えるにつれて、こうした流れはさらに加速すると考えられます。

2024年に、Unreal Engine マーケットプレイスSketchfabQuixel Bridge、および ArtStation Marketplace の各マーケットプレイスを統合し、クリエイターがデジタル エクスペリエンスの作成に使用するデジタル アセットを検索、公開、共有できる統合マーケットプレイス Fab.com をリリースします。
 

Fab は、3D モデル、マテリアル、サウンド、VFX、デジタル ヒューマンなどを含むあらゆる種類のデジタル コンテンツを公開できる大規模なコミュニティになります。つまり、ここではすべてのエンジン、インポートされたコンテンツをサポートするすべてのメタバース系のゲーム、最も人気のあるデジタル コンテンツ作成パッケージを公開できます。加えて、クリエイターは売上のうち 88% を収益として受け取れます。

私たちは、何百万人もの人々がオンラインで 3D クリエイターになる方法を学ぶようになりつつある今日の世界で、皆さんとともに Fab をあらゆるタイプのワールド制作者にとってアクセスしやすいマーケットへと進化させたいと考えています。プレビューに興味がある場合は、UEFN のプラグイン版として提供されている Fab のアルファ版 を今すぐチェックしてみてください。アルファ版では、フォートナイトで公開可能な新しいゲームやを構築できます。

Unreal Engine 5.2 の概要

Unreal Engine は Epic エコシステムのバックボーンです。昨年春に UE5 がリリースされたことで、開発者はより簡単にクリエイティビティを発揮できるようになりました。UE5 のリリース以降、ユーザーの 77% が Unreal Engine 5 に移行しています。Unreal Engine 5.2 ではいくつもの新機能が追加され、さらなる改良と最適化が行われています。

Electric Dreams は、本日 Epic Games launcher と GitHub から入手可能な 5.2 プレビュー リリースの一部として提供される新機能とアップデートを紹介するリアルタイム デモンストレーションです。

State of Unreal のライブ デモでは、フォトリアリルな Rivian R1T 電動トラックが臨場感あふれる自然豊かな環境の中をオフロードで駆け回ります。この環境は、木や緑豊かな植生を Quixel Megascans、そびえ立つゴツゴツした岩の構造体を Quixel MegaAssemblies で作成しています。

生き生きとしたデザインと外観の R1T のデモは、新しい Substrate シェーディング システムで作成しています。同シェーディング システムを使用すると、アーティストはさまざまなシェーディング モデルを自由に構成およびレイヤー化して、これまでリアルタイムでは不可能だったレベルの忠実度と品質を実現できるようになります。Substrate は、実験的機能として 5.2 でシッピングされます。
最先端技術で作成された R1T は、最新のテクノロジーと車両力学のパワーを示すものとなっています。岩や木の根を飛び越える際のタイヤの変形の正確な表現や、リアルな流体シミュレーションと水のレンダリングで再現された泥や水たまりを飛び散らせて走る際の実物そっくりの独立した滑らかなエアサスペンションなど、R1T の優れたデジタル表現をご覧ください。 

加えて、この大規模なオープン ワールド環境は、アーティストが作成したプロシージャル ツールを使用して構築され、手作業で配置された小さなデモ開始地点の環境の上にビルドされています。新しいインエディタおよびランタイムのプロシージャル コンテンツ生成 (PCG) ツールが、5.2 で実験的機能としてシッピングされます。これらを使用すると、アーティストはルールとパラメータを定義して、広大で非常に詳細なスペースをすばやく作成できるようになります。このスペースは、アート面にこだわった制作に対応しており、手作業で配置されたコンテンツとシームレスに連携します。

MetaHuman Animator: 高忠実度パフォーマンス キャプチャ

フォトリアルなデジタルヒューマンは、真に信頼できるパフォーマンスを提供するために高品質のアニメーションを必要としますが、これを作成するための専門知識と時間を得ることは、最も熟練したクリエイターにとっても困難です。
 

この夏、MetaHuman フレームワークの新機能セットである MetaHuman Animatorのリリースにより、すべてが変わります。MetaHuman Animator を使用すると、あらゆる顔のパフォーマンスを MetaHuman キャラクターの忠実度の高いアニメーションとして再現できます。

iPhone またはステレオ ヘルメット搭載カメラを使用するだけで、パフォーマンスの個性、リアリズム、忠実度をキャプチャし、その詳細とニュアンスを MetaHuman に転送できます。

MetaHuman Animator は、アニメーションの経験に関係なく、誰でも習得して使用できる、より高速でシンプルなワークフローを提供すると同時に、AAA ゲーム開発者やハリウッド映画製作者が必要とする高品質のフェイシャル アニメーションを作成すると同時に、インディーズ スタジオや愛好家にもアクセスできます。
 

開発者とクリエイターの明るい未来


State of Unreal では、Cubit StudiosKabamCI GamesNCSoft などの Epic パートナーが制作した息をのむような素晴らしいデモと、Unreal Engine 5 やその他の Epic ツールで現在何ができるのかをご紹介しました。このような輝かしいプロジェクトの登場からは、仮想ワールド、ゲーム、体験の素晴らしき新時代がすでに幕を開け始めていることが感じられます。 

強力なツール、デジタル コンテンツの広大な市場、世界中のユーザーへの自由なアクセス、新しい公平な経済システムが存在する現在、クリエイターの機会は無限に広がっているといえるでしょう。
 

    イベントをまとめたメールを受け取りましょう

    イベント後に State of Unreal のすべての録画をご覧になりたいですか?サインアップしてください。イベント終了後、すぐにメールでお知らせいたします。
    GDC 2024 にオンラインで参加、または直接参加しましょう。
    イベント
    1月17日

    GDC 2024 にオンラインで参加、または直接参加しましょう。

    State of Unreal を視聴すると、Epic やパートナーによる最新ニュースを入手したり技術講演の詳細を確認したり、セッションやラーニング シアターでアイデアや情報を得たりすることができます。
    GDC 2024 にオンラインで参加、または直接参加しましょう。
    イベント

    GDC 2024 にオンラインで参加、または直接参加しましょう。

    State of Unreal を視聴すると、Epic やパートナーによる最新ニュースを入手したり技術講演の詳細を確認したり、セッションやラーニング シアターでアイデアや情報を得たりすることができます。
    今回のテーマは「おす」<br />
Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第21回UE5ぷちコン”開催のお知らせ
    ニュース
    2月16日

    今回のテーマは「おす」
    Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第21回UE5ぷちコン”開催のお知らせ

    株式会社ヒストリアは、Unreal Engine学習向けコンテスト“第21回UE5ぷちコン”を開催、テーマを「おす」と発表いたしました。20224年2月16日(金)~2024年4月7日(日)の期間内に作品エントリーを受け付けております。また、サイドイベント” ぷちコンゲームジャム”をヒストリアオフィスにて開催いたします。
    今回のテーマは「おす」<br />
Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第21回UE5ぷちコン”開催のお知らせ
    ニュース

    今回のテーマは「おす」
    Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第21回UE5ぷちコン”開催のお知らせ

    株式会社ヒストリアは、Unreal Engine学習向けコンテスト“第21回UE5ぷちコン”を開催、テーマを「おす」と発表いたしました。20224年2月16日(金)~2024年4月7日(日)の期間内に作品エントリーを受け付けております。また、サイドイベント” ぷちコンゲームジャム”をヒストリアオフィスにて開催いたします。
    2024年2月の無料の Unreal Engine マーケットプレイス コンテンツ
    ニュース
    2月6日

    2024年2月の無料の Unreal Engine マーケットプレイス コンテンツ

    ファンタジックなインテリア、スタイライズされたクリスタルの鉱山、90年代がよみがえるアセットなど、Unreal Engine マーケットプレイスから 2月の無料3Dアセットが登場しました!
    2024年2月の無料の Unreal Engine マーケットプレイス コンテンツ
    ニュース

    2024年2月の無料の Unreal Engine マーケットプレイス コンテンツ

    ファンタジックなインテリア、スタイライズされたクリスタルの鉱山、90年代がよみがえるアセットなど、Unreal Engine マーケットプレイスから 2月の無料3Dアセットが登場しました!