Development ブランチが GitHub で利用可能に
May 9, 2018

開発用ブランチが GitHub で利用可能に


私達の開発用ブランチが GitHub にミラーされるようになりました!エンジンでの日々の開発作業のほとんどは、チームや機能ごとに分けられたこれらの開発用ブランチの中で行われています。これらのブランチは、QA チームによるテストの完了後に定期的にマスターブランチにマージされます。これまでは開発用ブランチからのマージはGitHub 上ではまとめられた単一のコミットとして反映されていました。今回の変更によって、開発ブランチでの開発作業をライブで確認することも、また各ファイルの完全なマージ履歴にアクセスすることもできるようになります。

すべての開発ストリームの名前は共通して "dev-" からはじまっています (dev-editor、dev-sequencer など)。いくつかのブランチはすでに公開しており、今後数週間でさらに多くのブランチが公開される予定です。開発中の状態で反映されるため、バグがあったり、コンパイルが通らない不完全な状態の時もあるかもしれませんが、そう時間がかからないうちに修正されるはずです! 

DevStreams.jpg

サードパーティとの機密保持契約書 (NDA) の締結が必要な開発作業も存在し、契約遵守とセキュリティ強化のために表示されない ブランチもあります。我々の目標は作業中の状態を最大限見えるようにすることです。そうした修正作業が完了するまでもう少しご辛抱ください。

これらのブランチを使用してみたくなりましたか?まずはGitHub の設定から始めましょう!