2020年9月15日

サウンド演出のクオリティアップに!同人誌「CRI ADX2でつくるUnreal Engine 4サウンドエキスパンション」無料配布開始

作成 株式会社ヘッドハイ


9月12日から開催中の技術系同人誌「技術書典 9」にて、無料冊子「CRI ADX2でつくるUnreal Engine 4サウンドエキスパンション」が配信開始となりました。

https://techbookfest.org/product/6299164260433920
Coverjpg

「CRI ADX2」とは、Unreal Engine 4に対応したサウンド機能を拡張するミドルウェアです。プロジェクトに導入することで様々なサウンド演出の実装が可能となります。

本書は個人ゲーム開発者のほか、これから仕事でADX2を触る方や、UE4で「サウンドのクオリティを上げたい!」「Androidでの音の遅れをなんとかしたい!」という方におすすめです。

Sample1
Sample2

「キャラクターの状態に合わせて効果音を自動切り替え」「移動に合わせてスムーズに変化する雨音」「ゲームの展開に合わせて音色が変化するインタラクティブミュージック」など、曲や効果音をゲームと連動させるテクニックが満載です。
Sample3

インタラクティブミュージックのデモ動画: https://twitter.com/sleepyslowsheep/status/1290551162593140741?s=20

本同人誌の主なトピックは次の通りです。

- UE4にADX2を導入してみよう
- ゲームに音量コンフィグを実装しよう
- 効果音にバリエーションをもたせよう
- インタラクティブに変化する雨音を実装しよう
- 物理挙動にランダムな音付けを行おう
- BGMのテンポと連動したゲームの演出を作ろう
- ゲームの状況に合わせて動的に曲が変わる、インタラクティブミュージックを実装しよう
- 大量キャラクターボイスを効率的に管理しよう

著者のsig氏について

著者はインディー/フリーランスクリエイターの sig氏です。PC/Steam/PlayStation4向け3Dアクションゲーム「Link: The Unleashed Nexus RH」を鋭意開発中です。

 商業本では、「Unreal Engine 4 アクションゲーム ブループリント入門」を執筆しています。

https://www.shuwasystem.co.jp/book/9784798055909.html

今回の同人誌は、sig氏がこれまでTwitterやQiita等で公開していたADX2の活用ガイドについて、再構成・加筆を行い、1冊の本にまとめたものとなっています。
 

CRI ADX2について

「CRI ADX2」は株式会社CRI・ミドルウェアが開発・提供する統合型サウンドミドルウェアです。『OCTOPATH TRAVELER』『アズールレーン クロスウェーブ』『DAEMON X MACHINA』などの開発に使用されています。

法人向けの「ADX2」のほか、個人・小規模向けの無償バージョン「CRI ADX2 LE」が配信されています。

https://game.criware.jp/products/adx2-le/

今回の同人誌にはどちらのユーザーでも使える内容になっています。多様なサウンドの演出を盛り込んで、ゲームのクオリティアップをめざしましょう!
 

Make Something Unreal

最高にパワフルな制作エンジンを使って素晴らしいものを作りましょう。

今すぐ始める