Unreal Engine コミュニティとオンラインで繋がりましょう

2020年3月30日
世界中の参加型イベントが中止や延期になっている状況ですが、オンラインの様々な場所で Unreal Engine コミュニティと繋がることができます。フォーラム、ウェビナー、ライブストリームからバーチャルイベントまで、Unreal Engine クリエイターコミュニティはアクティブに活動しています。

永続的に利用できるリソースと、オンラインのイベントについて紹介します。この投稿は新しいイベントの情報などの更新を行って行く予定ですので何度も訪れてください。エピック・ゲームズ・ジャパンによる日本のユーザー向けの情報についても随時お知らせします。

永続的に無料のリソース

サポートとドキュメントの紹介
Unreal Engine での第一歩を踏み出すところから、野心的なリアルタイムプロジェクトの完成まで、あなたを手助けします。包括的なリファレンスドキュメントから、インストラクターガイド、コミュニティによるサポート、プロフェッショナル向けの専用サポートによるサポートのオプションまで、成功に必要なすべてにアクセスできます。 

Unreal オンラインラーニング
50 個近くのコースと、コースを集めて学習しやすようにしたラーニングパスが用意されています。あなたの進行状況が記録され、実績バッジも獲得できます。シーケンサーといったツールに入門することも、ビジュアライゼーションのスキルを伸ばすこともできます。日本語字幕が用意されているコースのリストはこちらです。

YouTube の Unreal Engine チャンネル
Twitch からのInside Unreal やライブストリーミングなどアーカイブに加えて、GDC、Unreal Fest Europeなどのカンファレンスの講演動画に、プロジェクトスポットライトなどの動画を公開しています。日本語字幕が用意されている動画のリストについては Unreal Engine JP のプレイリストをご覧ください。またUnreal Engine JP のチャンネルではエピック・ゲームズ・ジャパンによる動画を公開しています。

ウェビナーシリーズ
最新の Twinmotion の機能やワークフローの紹介、Unreal Engine を使ったフォトリアルなシーンやインタラクティブデザインについてなどの無料ウェビナーの録画を見ることができます。
 



エピック ゲームズ ジャパン による オンラインラーニング

( 随時更新 最終更新日 2020/12/22 )

オンラインイベント

2020/7/5 - Art Dive Online
Banner2
「UE4 ArtDive」がオンラインで帰ってきました!
プロとしてもプライベートとしてもUE4をこよなく愛するアーティストたちが贈る「UE4 ArtDive」
2度目の開催となる今回は、UE4を愛用するVFXアーティストたちがUE4におけるエフェクト制作について余すところ無くお話しします!
https://www.unrealengine.com/ja/blog/epicgamesjapan-onlinelearning-06

2020/7/18 - UNREAL FEST EXTREME 2020 SUMMER
Banner
UNREAL FEST は、エピック ゲームズ ジャパンが主催するUnreal Engine の公式大型勉強会です。Unreal Engine 4が一般公開された2014年から、秋に関東、春に関⻄で開催しています。年々ご参加いただける人数も増え、様々な業界から多くの関係者の方にご参加いただいております。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の情勢を鑑みまして春に開催予定だった「UNREAL FEST WEST」を残念ながら中止いたしましたが、今回改めてオンライン版アンリアルフェス「UNREAL FEST EXTREME 2020 SUMMER」として開催いたします。
https://www.unrealengine.com/ja/events/unreal-fest-extreme-2020-summer

2020/8/17 ~ 24 - UE4 Ray Tracing Night Week
Image6
昨年6月、コミュニティの有志により開催されたイベント”UE4 Ray Tracing Night”。当時まだ実験的機能として公開されたいたUE4のRay Tracingを深堀りし、様々なユースケースでの実用性を検証して頂いた素晴らしいイベントでした。
そして2020年5月、UE4.25のリリースによりRay TracingがExperimental(実験的機能)から、Production Readyになりました!このタイミングを機に、去年のメンバーは勿論、今回はEpic Games Japanより更に二名を加えてUE4のRay Tracingに特化したセッションを開催いたします!
https://www.unrealengine.com/ja/blog/ue4-ray-tracing-night-week

2020/11/16 ~ 22 - UNREAL FEST EXTREME 2020 WINTER
1280x720 Zoom Egj
UNREAL FEST EXTREME 2020 WINTERではオンラインならでは体験を用意しており、一週間に渡り毎日20時からゲームとノンゲームセッションを一講演ずつ公式Youtubeチャンネルで配信いたします。また、今回特別にゲームジャムセッションも開催いたします。
https://www.unrealengine.com/ja/events/unreal-fest-extreme-2020-winter
 


オンライン講演・ウェビナー

- 猫でも分かる UE4を使ったゲーム開発 超初級編 - タイトルからリザルトまで作ってみよう! -

このシリーズでは「UE4をダウンロードしたけど何から始めたらいいか分からない…」「どうやってゲームを作ればいいか分からない…」といった悩みを抱える初心者向けに、タイトルからリザルト画面までの作り方の一例を実際にエディタを動かしながら説明します。
#1:まずはプロジェクトを作ってUE4エディタを触ってみよう!
#2:Blueprintをさわってみよう!
#3:コリジョンを使ってコインを拾ってみよう!
#4:Spawn ノードを使って色んなものを出してみよう!
#5:Animation ブループリントの使い方を学ぼう!
#6:自作・購入したキャラクタを動かしてみよう!
#7:UMGを使ってスコアなどのUIを画面に表示してみよう!
#8:タイトルからゲームメインへのレベル遷移を作ってみよう!
#9:

- UE4によるiOSゲーム開発入門- セットアップからリリースまで -
Unreal Engine で iOS開発を始めると、様々なApple独自の用語や見たことがないコンセプトが見えてきます。このシリーズで、プロジェクトのスタートアップからエンジンデバッグまで、Mac上でのUE4を使ったiOS開発の全面を紹介します。
今回のストリームでは、何もない状態から作ったゲームがiPhoneで動くまで、そしてお勧めなハードウェア、XCodeのセットアップやSigning Certificateなどについて紹介します!
なお、この配信は『UE4 を既に使っている』& iOS開発初心者の方向けです。また、開発にMacを使用します
#1:とりあえず、iPhone上で動くまで!
#2:デバイス上でデバッグしよう!
#3:

- Unreal Engine for Next-Gen Games ( CEDEC 2020 )
2020年5月に公開いたしましたUnreal Engine 5 のリアルタイムデモ「Lumen in the Land of Nanite」は、ありがたい事に非常に多くの良い反響を頂きました。本プレゼンテーションでは、Unreal Engine 4 からUnreal Engine 5 へのロードマップをご紹介すると共に、デモで発表された主要技術の説明、また次世代ゲーム開発のためにUnreal Engine 5 に搭載予定の革新的な最新機能の概要をご紹介します。
※本講演は、基本的には2020年7月14日にオンラインで開催された弊社本社のイベント「Unreal Fest Online 2020」にて講演された「Unreal Engine for Next-Gen Games」を日本語に翻訳し、一部参照情報などを日本語に変更したものとなります。
https://www.unrealengine.com/ja/blog/cedec2020-epicgamesjapan

- UE4で作成するUIと最適化手法 (GAME CREATORS CONFERENCE '20)
UE4でUIを作成する際に利用するUMG(Unreal Motion Graphics )について、どのように利用するべきか、どのような問題に直面するかなど、様々な疑問を抱えながら開発していることがあるかもしれません。本講演では、これらの疑問への解決策を考察した上で、UMGを効果的に生かすためのベターな手法や最適化方法について紹介します。
https://www.youtube.com/watch?v=x67C_RqRVrg
https://www.slideshare.net/EpicGamesJapan/ue4ui

 - UE4.25 Update - Unreal Insights -
Unreal Insightsはプロファイリングに役立つツールで、これ1つでCPUもロードもネットワークの問題も解析できてしまうほど優秀です。本ウェビナーでは、そんなUnreal Insightsの機能や使い方など基礎的な部分から、4.25で追加された新しいAnimation Insights, Network Insightsの使い方などの更新情報をお届けします。
https://www.unrealengine.com/ja/blog/epicgamesjapan-onlinelearning-03

- なぜなにFProperty - 対応方法と改善点 -
UE4.25にてUProperty は FProperty にリファクタリングされました。この対応によりロード時間・パフォーマンス・メモリ消費量が改善されましたが、プロジェクトやエンジンのカスタムした箇所のC++コードに変更を加える必要があります。この動画ではそれらの詳細について解説いたします。
https://www.unrealengine.com/ja/blog/epicgamesjapan-onlinelearning-02

-【UE4.25 新機能】ロードの高速化機能「IOStore」について
UE4.25から実装された新しいロードシステムの一部である IOStore について解説いたします。
https://www.unrealengine.com/ja/blog/epicgamesjapan-onlinelearning-12

-【UE4.25 新機能】新しいシリアライゼーション機能「Unversioned Property Serialization」について
UE4.25でクック済みゲームのアセットシリアライゼーションに改善された処理方法を選択できるようになりました。
本プレゼンテーションでは「シリアライゼーション」について解説した後新しいシリアライゼーションの有効化方法、どのような部分が改善されたのかを説明いたします。
https://www.unrealengine.com/ja/blog/epicgamesjapan-onlinelearning-12

- コンテンツサンプルを楽しむ”超”初心者の為のNiagara ( オンライン出張ヒストリア!ゲーム開発勉強会2020 )
4.25よりプロダクションレディとなったUEの新エフェクトツールNiagara!「いや、でも、ちょっと待って。そもそもエフェクト自体を触った事もないんだけど……、Niagaraって難しいんでしょ?」という方、ご安心ください。Niagaraは初めてエフェクトを作る!という方にもピッタリのとても楽しいツールとなっております。
エミッターって何?パーティクルって何?という皆様、UEに豊富に用意されているNiagaraのサンプルを通して、初めてのエフェクトにチャレンジしてみませんか?
https://www.youtube.com/watch?v=R-dvkov9cts
https://www.slideshare.net/historia_Inc/niagara-238529335/1

 - UE4.25 レンダリング新機能紹介
Rendering425
Unreal Engine 4.25では異方性反射マテリアル、物理ベースの半透明シェーダー、クリアコート、モデリング、スカイアトモスフィア、レンダーマネージャーなど、数多くのレンダリング周りの機能が強化されました。これらの機能について、実際のエディター操作を交えつつ紹介します。
https://www.unrealengine.com/ja/blog/epicgamesjapan-onlinelearning-04

 - EOS On-boarding ~サンプルを動かしてみよう~
先日公開されたEpic Online Services (EOS)の概要、及び実際にSDKをダウンロードしてサンプルアプリケーションを動かす手順を説明します。
https://www.unrealengine.com/ja/blog/epicgamesjapan-onlinelearning-03

- 無料でオンラインゲーム開発 ~EOS を利用したゲーム開発~( CEDEC 2020 )
近年のゲームにおいては、オンライン機能は欠かせない物の一つとなって来ていますが、実際にオンライ機能をゲームに実装するために必要な工数、費用というものは馬鹿になりません。そこで、Epic Games は今年の5月に、完全無料のオンラインプラットフォームサービスとして Epic Online Services (EOS) を正式リリースしました。Unreal Tournament や Fortnite といった弊社のオンラインタイトルの開発の中から得られた知見をもとに、オンラインゲーム開発で必要となる様々な機能を SDK としてパッケージ化し、それをコンシューマ、PC、モバイルを含めたマルチプラットフォームで利用できる形で提供しています。
本セッションでは EOS のご紹介と、実際にどのようなことが実現できるのかを解説したいと思います。
https://www.unrealengine.com/ja/blog/cedec2020-epicgamesjapan

- UE4.25新機能とTwinmotion 2020の紹介 (Unreal Engine Meetup Fukuoka)
UE4の最新バージョンとなる4.25でエンタープライズ分野向けに追加された新機能や強化された機能を中心にご紹介します。また、3月にリリースされたリアルタイム建築ビジュアライゼーションツール「Twinmotion 2020」の新機能についてもお話します。
https://www.slideshare.net/EpicGamesJapan/ue425twinmotion-2020unreal-engine-meetup-fukuoka-2020425

- ノンゲーム分野におけるUnreal Engineの活用について ~建築/自動車/映像等の分野での事例、UE4/Twinmotion最新情報~( CEDEC 2020 )
コンセプトデザイン、設計、製造、販売プロモーションなどさまざまなフェーズでリアルタイムビジュアライゼーションが取り入れられるように環境が変化してきています。本セッションでは、建築ビジュアライゼーション、プロダクトデザイン、映像制作等のさまざまな分野で採用されているUnreal Engineの活用事例や最新機能についてご紹介します。また、直感的なアイコンベースのインタフェースで操作できるリアルタイム建築ビジュアライゼーションソフトウェアTwinmotionの最新情報についてもご紹介します。
https://www.unrealengine.com/ja/blog/cedec2020-epicgamesjapan

VRコンテンツ制作が手軽に!TwinmotionとVRで誰もが実現できるワークフローの大改革HP VRチャネル )
CG経験があまりなくともVR制作ができる、Twinmotionを活用してVRコンテンツ制作のトレンドや建築・建設分野のVR活用がどのように今後変化していくのか?ワークフローの変化についてお届けします。
https://jp.ext.hp.com/techdevice/liveandmovie/vr/
 

日程・内容調整中 - UE4 シャドウレンダリング総おさらい
講師:Software Engineer Developer Relations, 澤田 祐太朗

日程・内容調整中 - UE4によるAndroidゲーム開発入門- セットアップからリリースまで -
講師:Software Engineer Developer Relations, 岡田 和也


その他

技術情報共有サービス「Qiita」に投稿した技術記事リスト
https://qiita.com/organizations/epicgamesjapan


UNREAL のイベント

2020年9月7-10日 |  Krea8tif! Virtual Conference

Epic Games ロンドン のイノベーション ラボのビジネス・ディベロップメント・マネージャである Sallyann Houghton が、バーチャル プロダクションとカメラ内 VFX についてお話します。エバンジェリストの  Chris Murphy  が、2つのワークショップ「Intro to Technical Art in UE and Advanced VFX 」(UE のテクニカルアートと上級 VFX 入門) をご案内します。 イベントのご登録はこちらから

2020年9月8-11日 |  Mutek Forum

9月9日にテクニカル プロダクト デザイナーの Sevan Dalkian と ソリューション アーティストの David Hurtubise が 「Q&A: The Unreal Metaverse – the Future of Live Entertainment(Unreal メタバース:ライブ エンターテイメントの未来)」と題した講演を行います。詳細については上記リンクからご確認ください。

2020年9月9日 | Maxon 3D Design Show 

Unreal Engine を代表してJonathan Winbush 氏がプレゼンテーションを行います。このイベントは上記リンクから無料でご視聴いただけます。

2020年9月18日 | 9am(太平洋時間) - I3D 2020

Epic の映画・テレビ業界マネージャー David Morin が以下の基調講演を行います。
「Creating In-Camera VFX with Real-Time Workflows」(リアルタイム ワークフローでのカメラ内 VFX 制作) ご登録 は無料です。
 

過去のイベント


2020年3月23日 | NVIDIA GTC Digital

GTC Digital は NVIDIA の GPU Technology Conference をオンラインにして素晴らしいトレーニング、研究、洞察へ直接アクセスできるようにしたものです。Epic Games の映画&テレビ業界マネージャーの David Morin が以下の講演を行いました。 オンデマンドでご視聴いただけます

2020年3月26日 | 9am(東部時間) & 2pm(東部時間) - ウェビナー Twinmotion 2020.1 の新機能
先日、ライブウェビナー「What's new in Twinmotion 2020.1(Twinmotion 2020.1 の新機能)」を行いました。見逃してしまった方もご安心ください。以下から録画をご覧いただけます。Epic Games の Twinmotion テクニカル マーケティング スペシャリストである Martin Krasemannが、Twinmotion 2020.1の新機能の一部を紹介します。

ビジュアルの忠実度の向上と高品質のライティング、よりリアルな樹木、植物、人物キャラクター、より素早く簡単に植栽する方法、プロジェクトをレビュー、プレゼンテーションするための新機能などを学習できます。ビデオを見る 

2020年3月26日 | 2pm(東部時間)- INSIDE UNREAL: Blender to Unreal Tools, Part 3
「Blender to Unreal」シリーズのパート3 です!

パート2 では Rigify と Unreal Mannequin について説明しました。今回は Manny から離れて、カスタムアニメーション、キャラクタ、スケルトンのインポート方法について説明します。ビデオを見る

2020年4月2日 | 2pm(東部時間) - INSIDE UNREAL: State of Audio in 4.25
4.25 にワクワクするようなオーディオの新機能が追加された、という噂を聞いているかもしれません。このライブストリームで新機能を紹介します!

まず、オーディオチームは Audio Mixer の更新を説明します。そしてネイティブ Convolution Reverb、ネイティブ Ambisonics デコード/エンコードサポートに、新しい非リアルタイムのオーディオ分析プラグインである Synesthesia を紹介しデモします。最後に Wyeth Johnson は Niagara オーディオデータ インターフェイスを使ったオーディオビジュアライゼーションのデモを行います。 ビデオを見る

2020年4月2日 | 9am(東部時間) & 2pm(東部時間) - ウェビナー: Unreal Engine と Quixel:3D の限界を押し広げる
Quixel はすべてのデジタルエクスペリエンスの制作を大幅に単純化することを目指し、世界最大のスキャンライブラリを作り上げるため世界中を旅しています。Epic Games ファミリーの一員となってから、その任務はさらに加速しています。 

Teddy Bergsman、Galen Davis と Daryl Obert が Quixel Megascans、Bridge、Mixer 2020 が Unreal Engine と共にどのように 3D の可能性を広げているかについてデモします。ビデオを見る

2020年4月9日 | 2pm(東部時間) - INSIDE UNREAL - Iterative Design for Comfort
今週は、デザイナーが作成中のゲームレベルで何が起こっているか理解するのに役立つ機能の構築について取り上げます。レベルエディターの簡単なデバッグインジケーターや簡単にアクセスできるブループリント機能などの小さな機能は、ユーザーのエラーやフラストレーションを軽減しながら、作業のスピードと快適さを大幅に向上させることができます。また、基になるコードの変更が行われたときにユーザーに影響を与えないように、コードと設計をイテレートする方法についても説明します。 ビデオを見る

2020年4月9日 - 2020年5月14日 - Unreal Fast Track: Join the student challenge
Epic Gamesは、世界中の大学生向けにUnreal Fast Trackを開催します。UnrealFast Trackは、Unreal Engineを学ぶパーソナライズされた方法であり、業界の専門家とのQ&Aに参加し、リモートチームでの作業のベストプラクティスを知ることができます。 Epic は、この取り組みのために5 月 14 日まで専用の Discord ハブを設けます。詳細はこちらをご覧ください

2020年4月16日 | 2pm (東部時間) - INSIDE UNREAL: Houdini Workflows with Unreal Engine
SideFXのMike Lyndon氏が、Houdini Niagaraデータインターフェースの最新のイテレーションにより、ポイントキャッシュのエクスポートプロセスが簡素化され、Niagaraでそのデータを使用する新しい方法が追加されたことを紹介します。これを使えば、流体シミュレーションや群衆、その他のタイプの静的またはアニメーションキャッシュをインポートすることができます。Paul Ambrosiussen 氏によるプレゼンテーションの後半では、SideFXLabs のツールセットのスナップショットと、Unreal Engine用のプロシージャル型 データを作成しエクスポートするアーティストのワークフローにどのように適合するかを説明します。

2020年4月17日 | 2pm (東部時間)- Unreal Educator livestream series: Collaboration and Teamwork in Unreal Engine
アカデミックな環境でのアンリアル・エンジンの教育と学習に特化した、完全に新しいライブストリーム シリーズを毎週金曜日にお届けします。今回は、Unreal Engineで成功を収めるために不可欠なトピックであるコラボレーションについてご紹介します。Unreal Engine はチーム向けに一から設計されており、コラボレーション ワークフローは思ったよりも簡単に始めることができます。 ビデオを見る

2020年4月20日 | C4D Live

2020年の NAB Show の開催中止を受けて、Maxon は C4DLive.com でバーチャル NAB を主催し、素晴らしいプレゼンターが勢ぞろいしました。Epicのシニア テクニカル プロダクト デザイナーである Andy Blondin は、「 Blurring the Lines between Film, Television, and Games」(映画、テレビそしてゲームの境界が曖昧になり、オンデマンドで利用可能に)と題した25分間のバーチャルプレゼンテーションを行いました。 オンデマンドでご視聴いただけます。

2020年4月24日 | 2pm(東部時間)- Unreal Educator livestream series: Unreal Educator’s Field Guide - Tips and Tricks for Instructors
このプレゼンテーションでは、Luis Cataldi が、学校、オンライン、またはスタジオ内でUnreal Engineを教える際に役立つ Epic のリソースを幅広く紹介します。また、私たちが学んだことやインスピレーションを受けたお気に入りのコミュニティ リソースについても紹介しています。このビデオは、Unreal Engineを教えている人、または他の人のUnreal Engineの学習を支援している人にとって貴重なビデオです。ビデオを見る

2020年4月29日 | 9am(東部時間) & 2pm(東部時間)- ウェビナー: Unreal Engine での共同作業 
バーチャルセットを作成する場合でも、新製品を設計する場合でも、同じ環境で多数の人とUnreal Engine プロジェクトをライブでリアルタイムに構築するのは簡単です。このプレゼンテーションでは、2つのユニークなコラボレーションワークフローを実演します。 

ひとつ目のワークフローでは、複数のアーティストが同じプロジェクトに同時に安全かつ確実に変更を加えることができます。アップデートはグループ内の全員に即座に実行され、待つ必要はありません。 2つ目は、デザイン データのランタイム エクスペリエンスを作成して、コラボレーション デザイン レビュー セッションを実施する方法を紹介します。 ビデオを見る

2020年4月30日 | 2pm(東部時間) - INSIDE UNREAL: 4.25 Release Highlights 
Unreal Engine 4.25 のリリースについてお話するために、Epic のエンジニアリング ディレクター数名を招いて新機能とアップデートの概要を紹介してもらいました。アーカイブされたビデオをご覧になり、ナイアガラや一般的なアニメーションの改善から実験的な取り組み、ネイティブの LiDAR ポイント クラウドのサポートまで、主要なアップデートの詳細をお聞きください!

2020年5月1日 | 2pm(東部時間) - Unreal Educator livestream series: Quixel Bridge, Mixer, and Megascans for Education
このライブストリームでは、Quixel のエコシステムを掘り下げ、誰でも無料で利用できる素晴らしいツールセットと膨大なコンテンツ ライブラリについて理解を深め、息を呑むような環境を生成するための学術的に適したワークフローを探ります。 詳細はこちらからご確認下さい

2020年5月7日 | INSIDE UNREAL: Spyder: From Day Zero to Post-Launch
今週のInside Unrealでは、Sumo Digitalが登場します!Spy-on-The-Wall アドベンチャー ゲーム「Spyder」を開発したチームが、ゼロ日目から発売後の数週間までの道のりについて語ります。Apple Arcade のモバイル ゲームについての詳細や、制作中の困難な課題をどのように克服したか(自宅勤務しながらゲームをローンチする経験を含め)お話します。

2020年5月8日 | 2pm (東部時間) - Twinmotion 2020 for Education
このライブストリームでは、新しい Twinmotion 2020 を紹介し、アカデミック環境に統合するための最良の方法について説明します。 いかに簡単で迅速に素晴らしい環境を構築ことが可能か、そして最新の機能をご紹介します。

2020年5月13日| NAB Show Express

映画・テレビ事業開発マネージャのMiles Perkins氏がパネルに参加しました。: 「How is Virtual Production Changing Television?」 (バーチャル制作はテレビをどのように変えているか?) 録画をご覧いただくには、無料でアカウントを登録してください

2020年5月13日 | 9am(東部時間) & 2pm(東部時間) - ウェビナー: Unreal Engine のソースコントロール
計画、ツール、実行はプロジェクトが成功するための中心的役割を果たします。アジャイルチームは、経時的なファイル変更を記録するバージョン管理システムを実装することが多く、後から特定のバージョンを簡単に呼び出せるようにしています。 これにより、リスクが軽減され、開発者間のコラボレーションが向上します。

このウェビナーでは、テクニカルアーティストの Matthew Doyle が、Unreal Editor のソース コントロールに関するさまざまなオプションについて説明します。 ビデオを見る

2020年5月15日 | 2pm(東部時間) - Unreal Educator livestream series: Exploring the Demand for Unreal Engine and Real-time 3D skills
このライブストリームは、リアルタイム ツールを使用している人を指導、サポート、支援している人を対象としていますが、特に Unreal Engine の開発者の需要に対応し、適切なスキルで開発者をより多く育成することを目的としています。

2020年5月20日 | 9am(東部時間)& 2pm(東部時間) - ウェビナー: ワンクリックでRhinoデータをTwinmotionに同期する
このウェビナーでは、McNeel and Associates の Scott Davidson氏が Rhino でモデルを Twinmotion 向けに準備する方法をご紹介します。次に、Epic GamesのTwinmotionプロダクトスペシャリストである Martin Krasemann が、Rhino のシーンファイルを Twinmotion にインポートし、シーンの階層を維持しながら Rhino のネイティブマテリアルを Twinmotion のPBRマテリアルに変換する方法を紹介します。そして、最終レンダリングに至るまで、シーンをパスや植栽、乗り物、キャラクターで豊かにします。 ビデオを見る

2020年5月22日 | 2pm(東部時間) - Unreal Educator livestream series: The Kickstart Project: Exploring the Anatomy of Unreal Engine
このライブストリームでは、Sjoerd De Jong と Mario Palmero が EMEA のエバンジェリズム チームと共に開発した Unreal オンラインラーニングの Unreal Engine Kickstart learning path に焦点を当てます。経験豊富なゲーム開発者が Unreal Engine を使い始めるために開発されたこの教材では、エンジン内の様々なシステムやツール間の関係を理解するのに役立つように、全体像と回路図の概要を説明します。

2020年5月29日 | 2pm(東部時間) - Unreal Educator Livestream Series: Virtual Production for the Classroom
今週は、YouTube.comの Cinematography Database チャネルのプロデューサー兼司会者であり、この分野のトッププロがよく利用するFacebookグループ Virtual Production の司会者でもあるMatt Workman氏をお迎えします。本ストリームでは、独立した開発者として限られた手段でバーチャルプロダクションの世界に没頭する中で、Mattが経験した様々なプロセスについて、その成果を記録し、学習コミュニティと共有していきます。

2020年6月12日 | 2:00 PM(東部時間) -  Unreal Educator Livestream Series: UE4, Twinmotion & Fortnite Creative for Secondary Education
Epic の Linda Sellheim と教育者の Steve Isaacs 氏、Nick Pant 氏が、中等教育の教室で Fortnite Creative、Unreal Engine、Twinmotion を使用することについて語ります。歴史、文学、資源管理、建築設計、エンジニアリングなどのテーマに取り組むのに役立つ、これらの驚くべき無料ツールをあなたの教室に導入するためのリソースとアプローチを共有します。

2020年6月23日 | 9am(東部時間)& 2pm(東部時間) – ウェビナー: Unreal Engine を使用したフォトリアルな自動車レンダリング
Unreal Engine 4.25 は、リアルタイム環境におけるフォトリアリスティックなレンダリングの限界に挑戦し続けています。自動車に焦点を当てたこのプレゼンテーションでは、シニア テクニカル マーケティング マネージャーの Daryl Obert が、Unreal Engine のハイブリッド レイ トレーサーを使用して、ビジュアルの忠実性とパフォーマンス、フレーム レートのバランスを完璧にとる方法を実演します。 ビデオを見る  

2020年6月30日 | 9am(東部時間) & 2pm(東部時間) – ウェビナー: Taking your project to the next level with Twinmotion(Twinmotionでプロジェクトを次のレベルに引き上げる)
Twinmotionは高速で使いやすいように設計されていますが、ソフトウェアを最大限に活用するために、あまり知られていない機能やワークフローを知っておくと本当に便利です。このウェビナーでは、Epic GamesのTwinmotionテクニカル マーケティング スペシャリスト Martin Krasemannが、プロジェクトをさらに一歩進めるための最高のヒントとコツをご紹介します。 ビデオを見る 

2020年6月30日 | 9am ET(東部時間) – Car Design News ウェビナー: Unreal Engine のリアルタイム 自動車ワークフロー
リアルタイム ビジュアライゼーションは、今後の自動車生産パイプラインの中核的な柱のひとつつになると考えられています。Car Design Newsが主催するこのウェビナーでは、Epic Gamesのインダストリーマネージャー兼デトロイトラボの責任者である Heiko Wenzel が、自動車業界の将来像についてお話します。プレゼンテーションの第2部では、Epic Gamesのテクニカルアカウントマネージャーである Flavien Picon が、大規模なデータセットを素早くインポートする方法や、チームがエンジンで共同作業を行う方法など、Unreal Engineを使い始めるための実用的なワークフローを紹介します。 ビデオを見る

2020年7月14日 | 8am - 12pm (東部時間) - Unreal Fest Online
ご自宅にいながらにして気楽に Unreal Fest Online に参加しましょう。Unreal Fest Online は、 無料のワンデイ バーチャル イベントです。Unreal Fest と Unreal Academy をまとめて、情報満載のわくわくするようなセッション プログラムを提供いたします。誰もが自由に参加できます。

Unreal Engine クリエイターなら、5 つのコンテンツ トラック (建築 / 自動車 / ゲーム / 映画 TV & ライブイベント / 業界横断) から選択できます。各トラックの時間枠それぞれについてセッションを選択すると、全部で 50 のセッションとなります。なお、各セッションではライブで質疑応答が行われます。また、配信後はオンデマンドで視聴できるようになります。<
あらゆる業種のクリエイターにおすすめです。最新の Unreal Engine の開発状況 (UE5 の新機能に関する詳細な情報も含みます) が分かるとともに、新たなテクニックとスキルが学べます。また、Audi、Kohn Pedersen Fox Associates、Rocksteady Studios、Zero Density といった会社に籍を置くスピーカーたちが、知的な刺激をもたらし、彼らのプロジェクトでどのように Unreal Engine を利用しているのか明らかにしてくれます。詳細はこちらをご確認ください

2020年7月29日 | 9am (東部時間) & 2pm(東部時間)– ウェビナー: Using Unreal Engine’s real-time ray tracing for archviz(Unreal Engine のリアルタイム レイトレーシングを使用した建築ビジュアライゼーション)
このプレゼンテーションでは、ビジュアライゼーションの専門家の方々が Unreal Engine のリアルタイム レイトレーシング技術を十分に理解していただくことができます 

テクニカル アーティストの Matthew Doyle が、プロジェクトをレイトレーシング向けに最適化し、リアルタイムのグローバル イルミネーション (GI) やレイトレースされたシャドウ、反射、半透明などの機能を活用するためのベストプラクティスを紹介します。マテリアル、ライト、露出の設定からデバッグ、パフォーマンス プロファイリング ツールまで、すべてをカバーします。また、高解像度のレイトレースされた動画や静止画をレンダリングする方法もご紹介します。 ビデオを見る

2020年8月19日 | 9am(東部時間)& 2pm(東部時間) – ウェビナー: Top tips for automotive rendering in  Unreal Engine(Unreal Engine を使用した自動車レンダリングのヒント)

シニア・テクニカル・マーケティング・マネージャーの Daryl Obert が、Unreal Engine で効率的に作業するためのヒントやコツを紹介します。このセッションでは、先日開催した フォトリアルな自動車レンダリング ウェビナーで取り上げたコンセプトを基にした内容となっています。ビデオを見る

2020年9月2日 | 9am(東部時間) & 2pm(東部時間) – ウェビナー: A dive into the new features of Twinmotion 2020.2(Twinmotion 2020.2 新機能のご紹介)

このセッションでは、Twinmotion 2020.2の新しいツールとスマートアセットをご紹介し、ARCHICAD ファイルをより効率的に準備するためのヒントなどをご紹介します。 ビデオを見る

2020年9月23日 | 9am(東部時間) & 2pm(東部時間) – ウェビナー: Creating Visual Effects with Unreal Engine(Unreal Engine でビジュアルエフェクトを制作する)

Unreal for all Creators」ビデオのビジュアルエフェクトがどのように作成されたか知りたくありませんか? 9月23日のウェビナーにご参加ください!頂点シェーダからブループリントまで、多くのエフェクトの背後にあるトリックについて取り上げます。 ビデオを見る

2020 年10月21日| 9am(東部時間)& 2pm(東部時間)– ウェビナー: Animation in Unreal Engine – Adding Life to Your Story(Unreal Engine で制作するアニメーション — ストーリーに命を吹き込む)

このウェビナーでは、 Matthew Doyle が Unreal Engine のアニメーション ツールを使用してストーリーを伝え、プロジェクトに命を吹き込む方法をご紹介します。Atoms Crowd framework を使用して街にアニメーション化された群衆を配置する方法や、エンジンのコアツールを使用して人々や鳥、乗り物、環境オブジェクトなどにエフェクトを追加する方法をご紹介します。ビデオを見る

2020年10月28日 | 9am(東部時間)& 2pm(東部時間) – ウェビナー: Working with Quixel Megasans in Twinmotion(Twinmotion で Quixel Megascans を使用する方法)

このウェビナーでは、Quixel Megascans で Twinmotion の建築ビジュアライゼーションシーンを強化する方法と、Quixel Bridge を使用して Megascans を Twinmotion にインポートする方法をご紹介します。ビデオを見る

確定次第、さらにオンラインイベントの詳細を追加していきます。またこの記事をチェックしてください!

    最新情報とアップデートを入手しましょう!

    ニュースレターに登録して、Unreal Engine と Epic Games の最新情報、特別なオファーの情報を受け取りましょう。
    ニュース
    8月19日

    Unreal Engine 4.27 がリリースされました!

    すべての業界のクリエイターにとってうれしい新機能があります。インカメラ VFX の様々な効率性、品質、使いやすさを向上する改善、美麗な最終画像を生成するパス トレーシング、同梱されるようになった Oodle と Bink、実制作で使用可能な状態になった Pixel Streaming なども含まれています。
    ニュース

    Unreal Engine 4.27 がリリースされました!

    すべての業界のクリエイターにとってうれしい新機能があります。インカメラ VFX の様々な効率性、品質、使いやすさを向上する改善、美麗な最終画像を生成するパス トレーシング、同梱されるようになった Oodle と Bink、実制作で使用可能な状態になった Pixel Streaming なども含まれています。
    ニュース
    8月3日

    今回のテーマは「みち」
    Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第16回UE4ぷちコン”開催のお知らせ

    株式会社ヒストリアは、Unreal Engine学習向けコンテスト“第16回UE4ぷちコン”を開催、テーマを「みち」と発表いたしました。2021年8月5日(木)~2021年9月12日(日)の期間内に作品エントリーを受け付けております。また、初のサイドイベント” UE4ぷちスタ☆~1週間でエンドレスランナーをつくろう~”をオンラインにて開催いたします。
    ニュース

    今回のテーマは「みち」
    Unreal Engine学習向け作品コンテスト、“第16回UE4ぷちコン”開催のお知らせ

    株式会社ヒストリアは、Unreal Engine学習向けコンテスト“第16回UE4ぷちコン”を開催、テーマを「みち」と発表いたしました。2021年8月5日(木)~2021年9月12日(日)の期間内に作品エントリーを受け付けております。また、初のサイドイベント” UE4ぷちスタ☆~1週間でエンドレスランナーをつくろう~”をオンラインにて開催いたします。
    イベント
    7月1日

    CEDEC 2021 の Unreal Engine に関するセッションをピックアップ!

    2021年8月24日(火) - 26日(木)にオンライン開催される日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC 2021」にて行われます。本記事ではCEDEC 2021にて行われる Unreal Engine に関するセッションをピックアップしてご紹介!
    イベント

    CEDEC 2021 の Unreal Engine に関するセッションをピックアップ!

    2021年8月24日(火) - 26日(木)にオンライン開催される日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC 2021」にて行われます。本記事ではCEDEC 2021にて行われる Unreal Engine に関するセッションをピックアップしてご紹介!