2.16.2015

カスケードエフェクトチュートリアル:レッスン8『GPUパーティクルに深度バッファコリジョンを使う』

作成 Tim Elek

カスケードのための「building blocks」チュートリアルの第8講では、Depth Buffer Collision Module (深度バッファ コリジョン モジュール) について掘り下げていきます。セットアップは、簡単にできまです。いくつかの変更または追加されたGPUパーティクルの機能により、不透明なジオメトリと衝突する高頻度のディテールを追加することで、本当に低コストでFX(エフェクト)の品質を向上することができます。

疑問があれば、フォーラム で質問するか、ツィッターで@MrElek までメッセージを送ってください。

では、次の リンク をクリックして、さあ始めましょう。

最近の投稿

UNREAL FEST EAST 2018 参加登録開始!公式サイトを公開しました

10月14日(日)に横浜にて開催される『 UNREAL FEST EAST 2018 』の参加登録を開始しました。

The Mill と Monster.com が生み出したモンスターをアンリアル エンジンが操る

高い評価を受けているスタジオ、The Mill は、毛皮に覆われた巨大なクリーチャーが登場するアニメーション スポットをいくつも短期間で制作する必要に...

FOX Sports の 2018 FIFA ワールドカップ放送で Drive Studio はアンリアルを活用

Drive Studio は FOX Sports の 2018 FIFA ワールドカップ放送でアンリアル エンジンを活用し、環境、インタースティシャ...