2015.2.16

カスケードエフェクトチュートリアル:レッスン8『GPUパーティクルに深度バッファコリジョンを使う』

作成 Tim Elek

カスケードのための「building blocks」チュートリアルの第8講では、Depth Buffer Collision Module (深度バッファ コリジョン モジュール) について掘り下げていきます。セットアップは、簡単にできまです。いくつかの変更または追加されたGPUパーティクルの機能により、不透明なジオメトリと衝突する高頻度のディテールを追加することで、本当に低コストでFX(エフェクト)の品質を向上することができます。

疑問があれば、フォーラム で質問するか、ツィッターで@MrElek までメッセージを送ってください。

では、次の リンク をクリックして、さあ始めましょう。

最近の投稿

第二回 Unreal Japan Stream 開催決定!

第二回 Unreal Japan Streamが1月24日に開催されます。近日開催されるゲームジャムに向けた特別な内容となっております。

...

アンリアル エンジン 4.19 Preview 1 がリリースされました

アンリアル エンジン 4.19 の Preview 1 がエピック ゲームズ ランチャーからダウンロードできるようになりました。すぐに入手して新

...

Unreal Dev Grants の受賞者が発表されました

アンリアル エンジン 4 でインディーゲーム、ツール、アニメーション長編映画を手掛けた世界中のデベロッパー達が選ばれました。