2015-2-16

カスケードエフェクトチュートリアル:レッスン8『GPUパーティクルに深度バッファコリジョンを使う』

作成 Tim Elek

カスケードのための「building blocks」チュートリアルの第8講では、Depth Buffer Collision Module (深度バッファ コリジョン モジュール) について掘り下げていきます。セットアップは、簡単にできまです。いくつかの変更または追加されたGPUパーティクルの機能により、不透明なジオメトリと衝突する高頻度のディテールを追加することで、本当に低コストでFX(エフェクト)の品質を向上することができます。

疑問があれば、フォーラム で質問するか、ツィッターで@MrElek までメッセージを送ってください。

では、次の リンク をクリックして、さあ始めましょう。

最近の投稿

最新技術を先取りチェック:間もなく実現、アンリアルのリアルタイム レイトレーシング

「リアルタイム」と「レイトレーシング」はかつて相反する言葉でした。しかしNVIDIA RTX 技術の登場により、アンリアル エンジンでのリアルタイム ...

西部劇風ビジュアルの大乱闘 FPS、『Sky Noon』の制作背景

ニュージーランドを拠点とするインディー デベロッパー チームであり、Unreal Dev Grant を受賞した Lunar Rooster が、ユニ...

GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けの認証プロセスのアップデート

ユーザー エクスペリエンスとセキュリティの向上のために、GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けプロセスに OAuth 機...