2014.11.13

カスケードVFXチュートリアル:レッスン6 カーブの利用

作成 Tim Elek

「Visual Effects Building Blocks」チュートリアル シリーズに再び戻りまして、今回は「カスケード パーティクル エディター」を使って、曲線の編集と作業をより直感的におこなえるワークフローの実践テクニックをお見せします。曲線エディターを使い、時間経過に合わせて正確にパーティクル プロパティをコントロールすることで、全面的にアニメーションにおける基礎となる要点を巧く反映することが可能です。曲線エディターでこれらテクニックを用れば、「つぶし」たり「伸ばし」たりしてウェイトを表現し、色を正確に操作することで「活きた」エフェクトを作り出すことができます。

分からない事などがありましたら、いつでもフォーラムで質問するか、Twitter で「@MrElek)」宛てにメッセージをお送りください。

それでは次のリンクをクリックして、早速はじめましょう。

最近の投稿

エピック ゲームズが Cloudgine を完全子会社化

エピック ゲームズは Cloudgine を完全子会社化しました。同社のクラウド コンピューティングの専門技術とオンライン技術がアンリアル エンジンの...

UNREAL FEST WEST 2018 参加登録開始!

4月21日(土)に京都にて開催される『 UNREAL FEST WEST 2018 』の参加登録を開始しました。

第二回 Unreal Japan Stream 開催決定!

第二回 Unreal Japan Streamが1月24日に開催されます。近日開催されるゲームジャムに向けた特別な内容となっております。

...