11.13.2014

カスケードVFXチュートリアル:レッスン6 カーブの利用

作成 Tim Elek

「Visual Effects Building Blocks」チュートリアル シリーズに再び戻りまして、今回は「カスケード パーティクル エディター」を使って、曲線の編集と作業をより直感的におこなえるワークフローの実践テクニックをお見せします。曲線エディターを使い、時間経過に合わせて正確にパーティクル プロパティをコントロールすることで、全面的にアニメーションにおける基礎となる要点を巧く反映することが可能です。曲線エディターでこれらテクニックを用れば、「つぶし」たり「伸ばし」たりしてウェイトを表現し、色を正確に操作することで「活きた」エフェクトを作り出すことができます。

分からない事などがありましたら、いつでもフォーラムで質問するか、Twitter で「@MrElek)」宛てにメッセージをお送りください。

それでは次のリンクをクリックして、早速はじめましょう。

最近の投稿

Daedalic の『State of Mind』のストーリーとゲームプレイに対するユニークなアプローチ

State of Mind は、アンリアル エンジン 4 を活用して、トランスヒューマニズムというテーマを扱っています。ストーリーを基調とするこのエク...

『 Unreal Japan Stream 2018.7.5 』配信決定!

まもなく正式版のリリースがされる UE4.20 の新機能をご紹介!

REWIND がアンリアル エンジンを利用して Hacker Hostel を VR で再現

VR で、ドラマ Silicon Valley の Hacker Hostel を訪れて、おもちゃで遊んだり、食事をとったり、部屋を散らかしたりするこ...