2014.7.22

カスケードVFX チュートリアル Lesson4

作成 Tim Elek

ヴィジュアル・エフェクトのレッスンの続きとして、前回のレッスンで作ったマテリアルファンクションの値を、カスケードのダイナミックパラメターモジュールを使って変更してみよう。

ダイナミックパラメターは エフェクトにおけるマテリアルの挙動を制御するのにとても効果的です。この機能を使えばマテリアルのパラメターをリアルテイムで制御することが簡単に出来ます。さらにブループリントとの相性がよく、ゲームにおけるパーティクルシステムのマテリアル制御に効果的に使うことができます。

英語ですが、ウィキページから前回の続きの チュートリアル ちなみに前回の チュートリアル はこちら。 なにかご質問等ございましたらお気軽に フォーラムで聞いてください。

最近の投稿

第二回 Unreal Japan Stream 開催決定!

第二回 Unreal Japan Streamが1月24日に開催されます。近日開催されるゲームジャムに向けた特別な内容となっております。

...

アンリアル エンジン 4.19 Preview 1 がリリースされました

アンリアル エンジン 4.19 の Preview 1 がエピック ゲームズ ランチャーからダウンロードできるようになりました。すぐに入手して新

...

Unreal Dev Grants の受賞者が発表されました

アンリアル エンジン 4 でインディーゲーム、ツール、アニメーション長編映画を手掛けた世界中のデベロッパー達が選ばれました。