7.22.2014

カスケードVFX チュートリアル Lesson4

作成 Tim Elek

ヴィジュアル・エフェクトのレッスンの続きとして、前回のレッスンで作ったマテリアルファンクションの値を、カスケードのダイナミックパラメターモジュールを使って変更してみよう。

ダイナミックパラメターは エフェクトにおけるマテリアルの挙動を制御するのにとても効果的です。この機能を使えばマテリアルのパラメターをリアルテイムで制御することが簡単に出来ます。さらにブループリントとの相性がよく、ゲームにおけるパーティクルシステムのマテリアル制御に効果的に使うことができます。

英語ですが、ウィキページから前回の続きの チュートリアル ちなみに前回の チュートリアル はこちら。 なにかご質問等ございましたらお気軽に フォーラムで聞いてください。

最近の投稿

Daedalic の『State of Mind』のストーリーとゲームプレイに対するユニークなアプローチ

State of Mind は、アンリアル エンジン 4 を活用して、トランスヒューマニズムというテーマを扱っています。ストーリーを基調とするこのエク...

『 Unreal Japan Stream 2018.7.5 』配信決定!

まもなく正式版のリリースがされる UE4.20 の新機能をご紹介!

REWIND がアンリアル エンジンを利用して Hacker Hostel を VR で再現

VR で、ドラマ Silicon Valley の Hacker Hostel を訪れて、おもちゃで遊んだり、食事をとったり、部屋を散らかしたりするこ...