2014-7-22

カスケードVFX チュートリアル Lesson4

作成 Tim Elek

ヴィジュアル・エフェクトのレッスンの続きとして、前回のレッスンで作ったマテリアルファンクションの値を、カスケードのダイナミックパラメターモジュールを使って変更してみよう。

ダイナミックパラメターは エフェクトにおけるマテリアルの挙動を制御するのにとても効果的です。この機能を使えばマテリアルのパラメターをリアルテイムで制御することが簡単に出来ます。さらにブループリントとの相性がよく、ゲームにおけるパーティクルシステムのマテリアル制御に効果的に使うことができます。

英語ですが、ウィキページから前回の続きの チュートリアル ちなみに前回の チュートリアル はこちら。 なにかご質問等ございましたらお気軽に フォーラムで聞いてください。

最近の投稿

最新技術を先取りチェック:間もなく実現、アンリアルのリアルタイム レイトレーシング

「リアルタイム」と「レイトレーシング」はかつて相反する言葉でした。しかしNVIDIA RTX 技術の登場により、アンリアル エンジンでのリアルタイム ...

GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けの認証プロセスのアップデート

ユーザー エクスペリエンスとセキュリティの向上のために、GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けプロセスに OAuth 機...

NVIDIA, Intel Sponsor the Unreal E3 Awards 2018

E3 2018 でエピック ゲームズは、NVIDIA と Intel とパートナーシップを組んで Unreal E3 Awards 2018 を開催し...