2014-5-6

カスケード VFX チュートリアル - レッスン 3B

作成 Tim Elek

今日の VFX のレッスンでは、前回のレッスンでご紹介したビルディング ブロック マテリアルのテクニックを引き続き発展させます。具体的には、Near Camera Depth Fade のロジックをマテリアル関数に組み込んでみます。

一緒にステップバイステップ方式で新たな関数を作っていきましょう。できた関数をプロジェクト ライブラリに追加する方法も見ていきましょう。グローバルな制御セットは、プロジェクト全体で簡単に改変およびアップデートできるため、エピックではあらゆる機会を捉えてそのような制御を作成しています。このチュートリアルは、動的パラメータを使ってマテリアル関数を制御する方法を学ぶ次回の講座のお膳立てとなるはずです。これらの講座を通じて、UE4 で拡張可能なコンテンツを簡単に作成できる私たちのテクニックを学んでいただければと思います。

ぜひ Wiki で完全なチュートリアルをご覧ください。チュートリアルをご覧になったら、Twitter で @MrElek をフォローしてみませんか?それから、質問があればフォーラムにいらしてください。喜んでお手伝いします!

最近の投稿

最新技術を先取りチェック:間もなく実現、アンリアルのリアルタイム レイトレーシング

「リアルタイム」と「レイトレーシング」はかつて相反する言葉でした。しかしNVIDIA RTX 技術の登場により、アンリアル エンジンでのリアルタイム ...

西部劇風ビジュアルの大乱闘 FPS、『Sky Noon』の制作背景

ニュージーランドを拠点とするインディー デベロッパー チームであり、Unreal Dev Grant を受賞した Lunar Rooster が、ユニ...

GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けの認証プロセスのアップデート

ユーザー エクスペリエンスとセキュリティの向上のために、GitHub アカウントと Epic Games アカウントの紐付けプロセスに OAuth 機...