April 7, 2016

BMW が新車モデルの開発に HTC Vive VR ヘッドセットと MR (複合現実) を採用

作成 Dana Cowley

BMW は自動車メーカーとしては初めて、コンピューター ゲーム業界で使用されるコンポーネントのみで構築した複合現実システムを車開発に取り入れました。これまでの VR システムに比べて格段に有利な点もあり、仮想現実がデベロッパーのワークステーションの一部となる近い将来へ向けての最初の一歩となりました。

この複合現実システムの採用により、特に開発の初期段階において、時間と工数が大幅に削減しました。VR による調査は、費用のかかる特別な設備に対してのみ前もって実施することもできます。家電製品を統合することにより、どんな変更もすぐに実行およびテストすることが可能になり、デベロッパーにとって融通が利くようになります。世界中どこにいても、デベロッパー達は出張せずに自分のオフィスで意志決定に参加することができます。3D ヘッドセットを使ってドラフトのデザインが承認されると、テストに向けて実際にビルドを開始します。


BMW は 1990 年代から開発プロセスで VR システムを取り入れてきました。これまで自動車産業では利用されなかった分野の技術を今回システムに実装し、改めて先駆者としての位置に立ちました。今春からは、コンピューター ゲーム業界のコンポーネントを使用することで、エンジニアとデザイナーはさらに現実的な仮想世界に没入することができるようになりました。家電製品の