4.19.2017

建築ビジュアライゼーションのウェビナー開催のお知らせ

作成 Chris Ruffo

4 月 27 日にアンリアル エンジン 4 (UE4) の建築分野での使用に関する第一回目 (全 4 回) のウェビナーが開催されます。今回の講師は、ビジュアライゼーション スペシャリストの  Fabrice Bourrelly  氏です。参加希望者は、 こちらから登録してください。

Fabrice 氏が、アンリアル エンジンを使って、オフライン クオリティの感覚、印象、雰囲気をいかにリアルタイムの没入感があるインタラクティブな体験にレンダリングするかについて解説します。モデルとして建築家 Philip Johnson 氏の 『Glass House』 と安藤忠雄氏の『光の教会』を使います。

Fabrice 氏は、建築家であるだけでなく、アーティスト、3D ビジュアライザーでもあります。ここ 1 年でアンリアル エンジンを使いこなす指導者になりました。彼のクライアントには、Google、 IDEO、 Thomas Heatherwick、 Anish Kapoor、 Bentley Motors、Philippe Starck などが名を連ねています。

blogAssets%2F2017%2FAPRIL+2017%2FArchViz+Webinar+April+2017%2FCol02_770-770x458-4dfe94e64f00feffe7c3f10b62f3514dabd2f1a8

仕事のほとんどで従来のオフライン レンダラーを使ってきた彼がアンリアル エンジンを始めて目にしたときの感動を次のように語っています。「 Koola の作品を見たことが自分にとってのターニングポイントになりました。アンリアル エンジンの処理速度の速さと、リアルタイムでのクオリティの高さに圧倒されました。」

1 年ほど前に、Fabrice 氏は建築ビジュアライゼーションに関するレクチャーをしましたが、そのとき会場にいた半分の人々がリアルタイムと仮想現実について熱心に学びたがっていることに気付きました。Fabrice 氏はアンリアル エンジンをダウンロードし、いろいろ試し始めました。「まずシンプルな廊下の外側から差し込む光をひとつのマテリアルを使って作り始めました。こうすることで、反射やライティングでひとつのマテリアルがどのように見えるかの感覚をつかむことができました。Lightmass (UE4 のグローバル イルミネーション機能のひとつ) を使って柔らかなライティングを作る方法を習得しました。これは、リアルな建築ビジュアライゼーションを構築するうえで欠かせないものです。

blogAssets%2F2017%2FAPRIL+2017%2FArchViz+Webinar+April+2017%2FGlass_House02_770-770x459-62cbbafccc05de0a1b1a3f8bcbb2a619d557a1f8

結果に満足すると、今度はランドスケープ ツールや他の機能を試し始めました。「ひたすら学んで YouTube に成果を投稿し続けると、大量のフィードバックが得られました。その結果、もっと頑張ろうという気持ちになりました。」アンリアル エンジンのドキュメントで学び、 AnswerHubも使い始めました。1 年間の投稿を経て、 YouTube チャンネル の登録者数は 5,000 名を超えました。アンリアル エンジンの開発コミュニティの方々と彼がこれまで学んできたことを共有する機会が実現したことを嬉しく思います。

このウェビナー シリーズを受講することで、データのインポート、ライティング、マテリアルなどについての技術的な知識や使用方法を学ぶことができます。

無料のオンライン ウェビナーに参加希望の方は、 今すぐ、ここから登録してください!

最近の投稿

UNREAL FEST EAST 2018 参加登録開始!公式サイトを公開しました

10月14日(日)に横浜にて開催される『 UNREAL FEST EAST 2018 』の参加登録を開始しました。

Daedalic の『State of Mind』のストーリーとゲームプレイに対するユニークなアプローチ

State of Mind は、アンリアル エンジン 4 を活用して、トランスヒューマニズムというテーマを扱っています。ストーリーを基調とするこのエク...

『 Unreal Japan Stream 2018.7.5 』配信決定!

まもなく正式版のリリースがされる UE4.20 の新機能をご紹介!