2012-6-19

Antichamber

作成 Unreal Engine

Hazard は、「哲学的シングルプレイヤー ファーストパーソン爆破パズル アート」ゲームです。このゲームでは、明確な目的が示されていませんが、プレイヤーの知識に基づいて目的が創り出されます。このゲームをプレイするには、忍耐が要求されます。人生と同じで、簡単ではないのです。

数時間というプレイ時間の前半は、選択ベースの枝分かれしたマップ構造となっていて、そこでいろいろなことを学びます。後半は、脳を刺激するようなパズルを、スキルを使用してではなく、構造を理解することによって、解くことになります。各パズルは、解き方さえ理解すれば基本的に簡単な問題ばかりです。 答えを選択するたびに、また問題を解くたびに、それが人生にどう関わってくるか、そこから何を学び取ることができるのかについてのメッセージが表示されます。

Antichamber

アップデート:UT3 の改造から UDK の一般リリースに至るまでの Hazard についての話題が Sydney Morning Herald 誌 に掲載されました。

http://www.demruth.com/blog/ には、このゲームをすべて独りで開発した Alexander Bruce 氏のブログが掲載されています。また UDK Forums には、Hazard のディスカッション フォーラムが用意されています。

最近の投稿

『 Unreal Japan Stream 2018.5.17 』開催決定!

今回は、3 月にエピックゲームズが無料で提供したパラゴンアセットをご紹介!またその活用法についてお話します。

VR を使ったリアルタイム コラボレーションがデザインに大変革をもたらす

今までは地理的に離れたデザイナーは、必ずしも一緒に集まって作業できるとは限りませんでした。アンリアル エンジンを使って 2 つの会社が、地理的場所に関...

リアルタイム デザインが百花繚乱、Unreal Engine Build:Paris’18

Unreal Engine Build Paris’18 はこれまでで最大の Build イベントとなりました。参加企業がアンリアル エンジンを使って...