August 14, 2018

3Lateral は UE4 でのデジタルヒューマン、キャラクタパフォーマンスの進歩を発表

作成 Dana Cowley

今年の Game Developers Conference では、3Lateral とのパートナーによって実現した、俳優 Andy Serkis 氏の演技による人間主導のデジタル キャラクターという驚くべきリアルタイムCGの進化を発表しました。アンリアル エンジンと 3Lateral による Meta Human Frameworkによって、Serkis 氏の「マクベス」の演技パフォーマンスのボリュメトリックデータキャプチャによってデジタルの Andy Serkis 氏とデジタルキャラクタ Osiris Blackの両方を作り出し、これまでにない忠実性とリアリズムを実現しました。このデモでは、1 つの演技パフォーマンスキャプチャデータで、2 人の大幅に異なるデジタルキャラクタを動かし実現できるということを証明しました。

本日 3Lateral はこの流れの次となる取り組みを発表しました。今回は、マクベスの演技パフォーマンスで駆動されつつ、Osiris Black がシームレスにデジタルの Andy Serkis 氏に変化する様子を見ることができます。3Lateral の包括的な技術フレームワークはアンリアル エンジンを使用して 4D ボリュメトリックキャプチャを実現し、ただのアニメーション向けのデータ抽出よりはるかに多くのことを行います。顔の変形や動きの詳細な情報を提供し、妥当なアニメーションカーブを構築します。2D と 3D のフェーシャルトラッキングとソルブに比べると次世代のプロセスになります。
この新しいデモは 3Lateral の Meta Human Framework の一部である Rig Logic と Gene Splicer テクノロジーを使い、エイリアンと人間のデジタル DNA 間の遷移を可能にしています。さらに、3Lateral は各キャラクタのデジタル表現のための包括的でかつメモリでは軽量な独自のファイル形式も開発しました。このモーフィングビデオはまた、エイリアンから人間に遷移している複数の異なるキャラクタであっても、同一のアニメーションカーブでの駆動が可能であることを示しています。これも 3Lateral のテクノロジーが強力であるという証の一つです。 

アノテーション付きデータの収集とフォトリアリズムのレベルは、さらに機械学習にも繋がります。そしてエンターテインメント、バイオメトリクス、薬学、といった数多くの分野にも適用可能です。私達は 3Lateral の可能性に圧倒されています。さらにこれからの発展を楽しみにしています。